中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

岐阜車協が理事会でレバレート交渉の勉強会などを審議

岐阜県自動車車体整備協同組合(平野将告理事長)は10月19日、整備振興会館で第197回理事会を開き、今年度半期の決算見通しと事業報告、各委員長報告などを行った。
調査研究委員長からレバレート算出講習会の検討について報告。対損保のレバレート交渉勉強会を審議した結果、同勉強会とレバレート交渉代行サービスは実施しないこととした。

(全文は整備新聞 令和4年11月10日号:3面に掲載)

整備需要動向調査で業界の景況感の悪化が続く前のページ

愛知車協が車検証電子化テーマに合同研修を開催次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    新明工業がティフ認証を取得、より高度な車体修理技術に対応

    全国でも屈指の規模を誇る新明工業(本社・豊田市、佐々木和彦社長…

  2. 車体関係

    車体整備関係

    岐阜車協が総会で平野理事長を再選

    岐阜県自動車車体整備協同組合(平野将告理事長)は5月23日、整備振興会…

  3. 車体整備関係

    加藤鈑金がテュフ認証プラチナを取得、品質レベルを「見える化」

    指定工場の加藤鈑金整備(加藤多賀志社長)はこのほど、テュフ(T…

  4. 車体関係

    車体整備関係

    車体整備の特定整備・中部で80社強が新認証取得

    特定整備制度に対応して車体整備事業者の電子制御装置整備の認証資格取得が…

  5. 車体整備関係

    静岡車恊・日車協連を脱会へ

    静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)が昨年12月、全国団体で…

  6. 車体整備関係

    愛車協・教育委員会が高度化講習と合同研修の内容を検討

    愛知県自動車車体整備協同組合は9月14日、愛知県自動車会館で第33回教…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP