中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

中部5県車協総会・特定整備対応など計画

中部各県の自動車車体整備協同組合は、5月下旬から6月上旬にかけて通常総会を開催し、令和2年度事業計画などを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各組合とも出席者の規模を縮小し書面議決を伴う総会とした。初めての経験のため、準備段階で一部混乱も見られた。事業計画では、修理技術の強化と4月からスタートした特定整備制度に対応し、基本的に全組合員の新認証取得を目指すこととした。車体整備業界を取り巻く環境が大きく変化する中、組合員の指導など組合事業の一層の活性化が期待される。

(全文は整備新聞 令和2年6月10日号:4面に掲載)

整備関係三重整振・商工組合がコロナ対策で理事会を書面で実施前のページ

愛知のユーザー車検「登録車は2・6%減」持ち込みは拡大次のページ整備関係

関連記事

  1. 車体整備関係

    中部車恊連、特定整備への対応など情報交換

    中部5県の車体整備協同組合で構成する中部地区自動車車体整備協同…

  2. 車体関係

    車体整備関係

    愛車協の組合員2社が特定整備の新認証看板

    特定整備認証の取得を積極的に進める愛知県自動車車体整備協同組合で、4月…

  3. 車体整備関係

    新明工業がティフ認証を取得、より高度な車体修理技術に対応

    全国でも屈指の規模を誇る新明工業(本社・豊田市、佐々木和彦社長…

  4. 車体関係

    車体整備関係

    岐阜車協青年部会がエーミングの検証会を開く

    車体整備業界で先進安全自動車対応の修理技術強化が求められる中、岐阜県自…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お知らせ
PAGE TOP