中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知のユーザー車検「登録車は2・6%減」持ち込みは拡大

ユーザー車検が、なかなか減少していかない。愛知県における令和元年度のユーザー車検台数は、継続検査で前年度に比べ2・6%減と、継続検査台数全体の0・4%減少より大きい落ち込みとなったが、今年4月は再び大幅に増加した。違法整備につながる部分もあるとされるユーザー車検に対し、整備業界では特定整備制度による点検基準の一部改正で締め出しの効果を期待する声もあるが、これまでの経緯からすると楽観はできない。

(全文は整備新聞 令和2年6月10日号:1面に掲載)

車体関係中部5県車協総会・特定整備対応など計画前のページ

JU愛知が総会で小売振興で適正販売店拡大など次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    日整連の実態調査で定期点検売り上げ3・4%増

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は平成31年度の自動…

  2. 整備関係

    整備関係

    特定整備開始へ各振興会が整備主任者資格取得講習など強化

    4月から特定整備制度がスタートするのに伴い、各県自動車整備振興会の対応…

  3. 整備関係

    整備関係

    4月から自賠責保険料が平均で16・4%引き下げ

    自動車損害賠償責任保険(自賠責)の保険料が4月1日から、平均16・4%…

  4. 整備関係

    電子車検証、国交省がA6サイズにICタグの仕様を決める

    電子車検証、国交省がA6サイズにICタグの仕様を決める…

  5. 整備関係

    特定整備対応、中部5県で新認証取得が230件

    特定整備制度に基づく新しい電子制御装置整備認証の取得に必要な整備主任者…

  6. 整備関係

    岐阜整振、理事会を開き、専門委員会の正副委員長らを選出

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は6月24日、岐阜県自動…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP