中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知のユーザー車検「登録車は2・6%減」持ち込みは拡大

ユーザー車検が、なかなか減少していかない。愛知県における令和元年度のユーザー車検台数は、継続検査で前年度に比べ2・6%減と、継続検査台数全体の0・4%減少より大きい落ち込みとなったが、今年4月は再び大幅に増加した。違法整備につながる部分もあるとされるユーザー車検に対し、整備業界では特定整備制度による点検基準の一部改正で締め出しの効果を期待する声もあるが、これまでの経緯からすると楽観はできない。

(全文は整備新聞 令和2年6月10日号:1面に掲載)

車体関係中部5県車協総会・特定整備対応など計画前のページ

JU愛知が総会で小売振興で適正販売店拡大など次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知ダイハツが独自のキッチンカー制作しイベントなどで活用

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)はこのほど、店舗イベントなどで食品…

  2. 整備関係

    整備人材確保へWG設置、離職者の復職後押しも

    国土交通省は、自動車整備業界における人材の確保や育成に計画的・効果的に…

  3. 整備関係

    JAF愛知支部が雪氷対策出発式で冬用タイヤ装着の必要性を実施啓発

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は11月29…

  4. 整備関係

    愛知・江南支部が会員の二世らが参加して若手会が交流

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の江南支部(大脇伸二支部長)は1…

  5. 整備関係

    静岡整備政治連盟・理事会で総会開催時期を6月下旬に変更

    整備業界にあって活発な政治活動を行っている静岡県自動車整備政治…

  6. 整備関係

    愛知ダイハツ・マレーシア現地法人が大型新店舗をオープン

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は10月20日、同社海外子会社でマ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP