中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知のユーザー車検「登録車は2・6%減」持ち込みは拡大

ユーザー車検が、なかなか減少していかない。愛知県における令和元年度のユーザー車検台数は、継続検査で前年度に比べ2・6%減と、継続検査台数全体の0・4%減少より大きい落ち込みとなったが、今年4月は再び大幅に増加した。違法整備につながる部分もあるとされるユーザー車検に対し、整備業界では特定整備制度による点検基準の一部改正で締め出しの効果を期待する声もあるが、これまでの経緯からすると楽観はできない。

(全文は整備新聞 令和2年6月10日号:1面に掲載)

車体関係中部5県車協総会・特定整備対応など計画前のページ

JU愛知が総会で小売振興で適正販売店拡大など次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重整振が理事会で上半期の事業・収支報告

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は12月2日、津駅前のホ…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツが「地域見守り活動」で東海市と協定

    「地域の安全を守ろう」と愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は12月1…

  3. 整備関係

    整備関係

    新型コロナの感染予防で「窓口の混雑避けて」と協力訴え

    新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて「緊急事態宣言」が出されている中…

  4. 整備関係

    愛整振が後期整備士講習のクラス増やし10~3月に開校

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は、新型コロナウイルス感染拡大防…

  5. 整備関係

    今後も感染対策対応:兼松幸生・愛中販理事長

    ――昨年のオークション業界の状況はいかがでしたか。兼松…

  6. 整備関係

    飛騨にも軽車検場を!必要性を訴え要望書

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は11月11日、羽島市の…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP