中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

中部の各車体協組・組合員の減少傾向続く

厳しい経営環境が続く中で、各県車体整備協同組合の組合員数減少に歯止めがかからない。一部では特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得のため新規加入もあるが、廃業なども後を絶たない。中部各県組合の今年度期首の組合員数は、愛知が129社で昨年度は3社加入、3社退会となり昨年度期首と変わらない。岐阜は17社加入し3社退会で14社増加、122社となった。三重は昨年度から3社減少し今期首は100社。福井は4社減って78社となった。倒産、廃業などが原因としている。静岡は令和4年度に組合解散する特殊要因により、昨年度末にかけて一気に113社が退会し、今期首組合員数は41社まで減少した。

(整備新聞 令和4年5月10日号:3面に掲載)

愛車協・理事会で整備士講習や事業計画など総会上程議案を審議前のページ

アウトランダーPHEVなどがファイブスター賞受賞次のページ

関連記事

  1. 車体関係

    車体整備関係

    岐阜車協・保険金で産廃処理費の支払い問題「裁判で決着」の考え固める

    廃部品などの産業廃棄物を適正処理する環境保全に取り組む岐阜県自動車車体…

  2. 車体整備関係

    大東工業がLINEで会員募集

    特認工場で車体整備専業大手の大東工業(本社・名古屋市中川区、田中秀一社…

  3. 車体整備関係

    静岡車協が保険対応をテーマに西部地区でも経営セミナーを開催

    静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)は10月23日、静岡県自…

  4. 車体整備関係

    三重車恊が総会で専門部会で研修会など計画

    三重県自動車車体整備協同組合(片岡則久理事長)は5月25日、津市の三重…

  5. 車体整備関係

    岐阜車協が理事会で予算計画の修正など審議

    岐阜県自動車車体整備協同組合(平野将告理事長)は10月6日、岐阜市日置…

  6. 車体整備関係

    特殊整備3団体が連絡会開き情報交換

    愛知の自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)、自動車電装品整…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP