中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

企画特集

 

企画特集

第19回愛知県自動車整備技能競技大会を開催、豊川支部が優勝

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)主催の「第19回愛知県自動車整備技能競技大会」(写真)が7月24日、小牧教育センターで開かれた。自動車技術の高度化が急速に進み、一層の整備技術力向上が求められる中、5チーム10人の整備士が今回もハイレベルの白熱戦を繰り広げた結果、豊川支部の関孝優(寿自動車)・金英満(沢田モータース)選手が優勝した。両選手は前回大会(令和元年)に続く2連覇で、強豪が出場する全国大会に再び挑む。この大会は、整備士の技能向上を図るとともに整備業界の公共性を広く社会に訴え、ユーザーの信頼を高めることなどを目的に、全国大会に合わせて隔年開催している。コロナ禍で全国大会が1年延期されたことに伴い、愛知県大会も3年ぶりの開催となった。 今大会も、中部運輸局愛知運輸支局と日本自動車整備振興会連合会(日整連)が後援、当整備新聞社などが協賛。

(全文は整備新聞 令和4年8月10日号:4面に掲載)

愛整振・整備技能競技大会で関・金選手が優勝(2連覇)前のページ

岐阜車協が賛助会員との協議会で要望検討次のページ

関連記事

  1. 企画特集

    7月11日から愛知で夏の交通安全県民運動を展開

    夏本番を迎える中、交通事故が多発している。この3年間、交通事故…

  2. 企画特集

    愛整振・創立70周年、歴史を刻み前へ

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は令和3年度、創立70周年を迎え…

  3. 企画特集

    9月21日から秋の交通安全県民運動を展開

    今年も9月21日から30日まで「秋の交通安全県民運動」を展開し…

  4. 企画特集

    7月24日に第19回愛知県自動車整備技能競技大会を開催

    自動車整備業界は変革期に入り、安全・環境対策を主眼にした先進安…

  5. 企画特集

    4月6日から春の交通安全運動を展開

    愛知県の交通事故死者数は、3年連続で全国ワーストワンの汚名を返…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP