中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

今年度もバンパーやベルトなど産廃の集合回収を開始

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊藤智司支部長)は5月30日、岐阜市の岐阜整振本館前の敷地内で令和2年度第1回「産業廃棄物集合回収」を行った。岐阜整振・岐阜商工が協力、回収業者のMOC、朝日金属の両社に廃棄物を委託して適正処理を実施した。同支部では平成12年12月から共同回収を開始、年3回のペースで実施している。

(全文は整備新聞 令和2年6月10日号:3面に掲載)

愛知の運転免許試験場が55年ぶりに建て替え前のページ

三重整振・商工組合がコロナ対策で理事会を書面で実施次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    愛知のユーザー車検が前年比6・5%増と拡大傾向に

    ユーザー車検が依然として減少していかない。受検の大半は車検代行業者に変…

  2. 整備関係

    岐南西支部が役員総会で事業計画などを決める

    岐阜整振・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊藤智司支部長)は3月2…

  3. 整備関係

    新たな企画提案を:永谷敏行・CAA社長

    ――昨年のオークション実績はいかがでしたでしょうか。永…

  4. 整備関係

    愛知の豊川支部、ドライブスルー方式で防犯ネジの取り付け

    自動車関連盗難が増加している中で、愛知県自動車整備振興会・豊川…

  5. 整備関係

    ナンバープレート表示の新基準適用を半年延長

    国土交通省は、車のナンバープレートの表示に係る新基…

  6. 整備関係

    愛整振・総会で川村会長を再選、特定整備対応など協調

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は6月11日、名古屋駅前…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP