中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部で新規の認証工場が急増「特定整備の駆け込み」など

特定整備制度のスタートを前に、今年3月の新規認証が中部(5県)で43件にのぼり、1ヵ月間の新規認証件数としては、ここ数年では例を見ない急増ぶりとなった。新しい認証基準に対する“駆け込み申請”が多かったと見られる。(3面に関連記事) ただ、認証廃止件数も34件と昨年4月以来の高水準となり、この3月は制度改正と年度末の中で、整備事業者の思惑も大きく動いたことが予想される。

(全文は整備新聞 令和2年4月25日号:1面に掲載)

整備関係愛知自動車会議所が理事会で令和2年度の事業計画決める前のページ

中部運輸局が新型コロナ関連・特別相談窓口の対応状況を説明次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    愛知の刈谷支部が総会で技術研修など活動再開めざし

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の刈谷支部(野村昇司支部長)はこ…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツがキャンピングカーの製造・販売を開始

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は、愛知ダイハツキャンピングカー事業「AD…

  3. 整備関係

    整備関係

    中部の整備業界から四日市の芝田氏が黄綬褒章

    令和二年度春の叙勲・褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から三重県…

  4. 整備関係

    整備関係

    愛知のユーザー車検「登録車は2・6%減」持ち込みは拡大

    ユーザー車検が、なかなか減少していかない。愛知県における令和元年度のユ…

  5. 整備関係

    愛整振・中川支部が総会で、OBD検査に向けて講習会など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部…

  6. 整備関係

    ナンバープレート表示の新基準適用を半年延長

    国土交通省は、車のナンバープレートの表示に係る新基…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP