中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部運輸局が新型コロナ関連・特別相談窓口の対応状況を説明

中部運輸局は4月10日、局会議室で定例記者懇談会を開いた。坪井史憲局長をはじめ各部長らが出席し、今回は今年1月の宿泊旅行統計を発表するとともに、新型コロナウイルス感染症に関する特別相談窓口における対応状況を説明した。同運輸局では観光部、自動車交通部、海事振興部がそれぞれ1月末以降順次、業種ごとに特別相談窓口を設置した。その結果、4月9日までに観光部窓口に旅行業49件、宿泊事業44件、通訳案内士4件の合計97件、自動車交通部窓口に乗合バス99件、貸切バス27件、タクシー19件、トラック28件の合計173件、海事振興部窓口に8件の相談が寄せられた。

(全文は整備新聞 令和2年4月25日号:1面に掲載)

整備関係中部で新規の認証工場が急増「特定整備の駆け込み」など前のページ

愛知の継続車検「登録車は前年比0・4%減」次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    USS名古屋がデジタル出品票の導入へ

    ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は1月8日から、東海市の…

  2. 整備関係

    岐阜整振、初のエーミング研修会を開く

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月25日、同整振岐阜…

  3. 整備関係

    新しいNGKスパークガールに井上みづなさんを起用

    日本特殊陶業(本社・名古屋市、川合尊社長)は、2021年度の「…

  4. 整備関係

    積極的に電子化対応:田口隆男・岐阜整振会長

    令和4年の年頭にあたり、謹んでお慶びを申し上げますとともに、昨年中に賜…

  5. 整備関係

    JAF愛知と愛知学院大が連携しカーシェアで豊橋の観光を発信

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は2月3日、…

  6. 整備関係

    愛整振・港支部が警察と連携し防犯ネジを取り付け

    動車関連盗難が後を絶たない中、愛整振の支部が地元警察と連携して…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP