中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部運輸局が新型コロナ関連・特別相談窓口の対応状況を説明

中部運輸局は4月10日、局会議室で定例記者懇談会を開いた。坪井史憲局長をはじめ各部長らが出席し、今回は今年1月の宿泊旅行統計を発表するとともに、新型コロナウイルス感染症に関する特別相談窓口における対応状況を説明した。同運輸局では観光部、自動車交通部、海事振興部がそれぞれ1月末以降順次、業種ごとに特別相談窓口を設置した。その結果、4月9日までに観光部窓口に旅行業49件、宿泊事業44件、通訳案内士4件の合計97件、自動車交通部窓口に乗合バス99件、貸切バス27件、タクシー19件、トラック28件の合計173件、海事振興部窓口に8件の相談が寄せられた。

(全文は整備新聞 令和2年4月25日号:1面に掲載)

整備関係中部で新規の認証工場が急増「特定整備の駆け込み」など前のページ

愛知の継続車検「登録車は前年比0・4%減」次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    三重整振、総会で人材育成などを強調

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は6月22日、津駅前のホ…

  2. 整備関係

    整備関係

    整備業界もいよいよ大変革期へ

    令和2年がスタートした。待望の東京オリンピック・パラリンピックが開かれ…

  3. 整備関係

    整備業界の人材確保へ「セミナーも活動の柱に」

    整備業界の人材確保が大きな課題となる中、愛知自動車整備人材確保・育成連…

  4. 整備関係

    今年も点検整備推進運動~啓発活動を強力に

    国土交通省と自動車関係団体は、今年も9~10月を強化月間に「自動車点検…

  5. 整備関係

    愛知整振・支部が主体で特定整備対応の資格取得講習を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は、今年度からスタートし…

  6. 整備関係

    整備主任者検査員研修・自主学習とり入れ新方式も

    新型コロナウイルスの感染拡大防止のため多人数での研修が困難にな…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP