中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の継続車検「登録車は前年比0・4%減」

車検市場が安定して推移している。愛知県における令和元年度の継続検査台数は、前年度に比べて概ね上半期はプラス、下半期はマイナスで推移し、年間を通して登録車は0・4%減、軽自動車は1・6%増、合計ではほぼ横ばいの0・2%増となった。ただ、昨年度後半からのマイナス市場に加え、新型コロナウイルスの突発的要因もあり、しばらく見通しにくい市場が続きそうだ。

(全文は整備新聞 令和2年5月10日号:1面に掲載)

整備関係中部運輸局が新型コロナ関連・特別相談窓口の対応状況を説明前のページ

日整連「令和2年度のスローガン」決まる次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    JAFが自動車関係税のユーザーアンケート調査を行い98%が負担

    日本自動車連盟(JAF、藤井一裕会長)は今年も「自動車税制に関するアン…

  2. 整備関係

    三重整振、総会で人材育成などを強調

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は6月22日、津駅前のホ…

  3. 整備関係

    整備関係

    愛知のユーザー車検「登録車は2・6%減」持ち込みは拡大

    ユーザー車検が、なかなか減少していかない。愛知県における令和元年度のユ…

  4. 整備関係

    今年度のスキャンツール補助金が半月で予算到達

    国土交通省は今年度も自動車整備事業者などを対象にスキャンツールの導入補…

  5. 整備関係

    福井整振がコロナ対策で規模縮小し定時総会を開催

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は5月22日、福井県自動車…

  6. 整備関係

    整備関係

    整備業界もいよいよ大変革期へ

    令和2年がスタートした。待望の東京オリンピック・パラリンピックが開かれ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP