中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

特定整備認証取得が中部でまだ1割にとどまる

今年度から特定整備制度がスタートし、車体整備事業も電子制御装置整備の認証資格取得が求められており、各県車体整備協同組合が対応を進めているが、組合員の認識に温度差もあり県により資格取得の進捗に差も出ている。中部は全国的には進んでいると言われているが、今年度上半期が終わった9月末時点で特定認証取得は組合員の1割弱にとどまっている。ただ、整備主任者の資格取得講習修了者も約半数あり、今後年末にかけて取得ペースが上がることが期待されている。

(全文は整備新聞 令和2年10月10日号:3面に掲載)

JU岐阜が多彩なイベントで青年部主催AA前のページ

整備・外国人技能実習制度、今年も受検者増が続く次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    中部車恊連が特定整備への対応など情報交換

    中部5県の車体整備協同組合で構成する中部地区自動車車体整備協同…

  2. 車体整備関係

    大東工業がLINEで会員募集

    特認工場で車体整備専業大手の大東工業(本社・名古屋市中川区、田中秀一社…

  3. 車体整備関係

    来年度も車体整備士講習、特定整備認証取得を推進

    このところ、車体整備業界の電子制御装置整備認証の取得ペースが落ちている…

  4. 車体関係

    車体整備関係

    中部5県車協総会・特定整備対応など計画

    中部各県の自動車車体整備協同組合は、5月下旬から6月上旬にかけて通常総…

  5. 車体整備関係

    静岡車協が保険対応をテーマに西部地区でも経営セミナーを開催

    静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)は10月23日、静岡県自…

  6. 車体整備関係

    岐阜車恊が総会で効果的な人材育成など計画

    岐阜県自動車車体整備協同組合(平野将告理事長)は5月22日、整…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP