中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知自販協が60周年記念で寄付金を贈呈

愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)は2月12日、名古屋マリオットアソシアホテルで60周年記念式典を行い、東海交通遺児を励ます会と日本介助犬協会に寄付金贈呈(写真)などを行った。式典では、はじめに大村秀章愛知県知事が祝辞を述べ、次いで、小栗会長が挨拶で「当協会は昭和36年の設立当時は18社だったが、現在は61社。保有台数は13万台から532万台と40倍以上に増加した」と60年の歴史を振り返るとともに、「自動車業界は大きく変化しつつある。自動運転、電動化が急進展しており、それらが国民の安全につながっていくよう、しっかり対応していく」と述べた。そして60周年記念行事として、東海交通遺児を励ます会に100万円、日本介助犬協会に200万円を寄付、小栗会長から交通遺児を励ます会の吉野雅山会長、介助犬協会の高栁友子専務理事に目録を贈呈。これに対して、両氏は感謝の言葉を述べた。

(全文は整備新聞 令和3年2月25日号:2面に掲載)

1月の登録実技試験平均合格率は55パーセント前のページ

三重自販協が書面総会を開き事業計画を決める次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振が理事会でキャンペーンや競技大会など事業計画を審議

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は3月24日、岐阜整振本…

  2. 整備関係

    高度化講習など推進:小倉龍一・日車恊連会長

    あけましておめでとうございます。2021年の新春を迎えるにあたり、所信…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツ、女性の目線でSDGs活動へ推進チーム発足

    地域社会の貢献活動に力を入れている愛知ダイハツ(本社・名古屋市…

  4. 整備関係

    愛知の自動車関係団体が税制見直しを街頭アピール!

    ユーザーの立場から自動車取得税、自動車重量税の廃止などの実現を…

  5. 整備関係

    松井・岐阜運輸支局長、就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局岐阜運輸支局長に前軽自動車検査協会愛知…

  6. 整備関係

    愛知の中川支部が総会で会員の交流や研修などを計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部長)はこ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP