中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知自販協が60周年記念で寄付金を贈呈

愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)は2月12日、名古屋マリオットアソシアホテルで60周年記念式典を行い、東海交通遺児を励ます会と日本介助犬協会に寄付金贈呈(写真)などを行った。式典では、はじめに大村秀章愛知県知事が祝辞を述べ、次いで、小栗会長が挨拶で「当協会は昭和36年の設立当時は18社だったが、現在は61社。保有台数は13万台から532万台と40倍以上に増加した」と60年の歴史を振り返るとともに、「自動車業界は大きく変化しつつある。自動運転、電動化が急進展しており、それらが国民の安全につながっていくよう、しっかり対応していく」と述べた。そして60周年記念行事として、東海交通遺児を励ます会に100万円、日本介助犬協会に200万円を寄付、小栗会長から交通遺児を励ます会の吉野雅山会長、介助犬協会の高栁友子専務理事に目録を贈呈。これに対して、両氏は感謝の言葉を述べた。

(全文は整備新聞 令和3年2月25日号:2面に掲載)

1月の登録実技試験平均合格率は55パーセント前のページ

三重自販協が書面総会を開き事業計画を決める次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    健全な車社会発展へ:山口真史・愛知会議所会長

    新年あけましておめでとうございます。令和3年の新春を迎え、ここに謹んで…

  2. 整備関係

    整備業界の重鎮 坪内恊致愛整振会長が死去

    30余年間業界をリード 整備業界の重鎮、愛知県自動車整備振興会の坪内恊…

  3. 整備関係

    中部・整備工場数、後継者難などで認証の新規が廃止を上回る

    中部地区における整備工場数は、令和2年度も前年度に続いて認証の新規が廃…

  4. 整備関係

    整備・外国人技能実習制度、今年も受検者増が続く

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

  5. 整備関係

    【特集】岐阜検査員会・独自のシステムで不正改造車を排除!

    ストップ・ザ・不正改造―「不正改造車は犯罪です」と訴え、今年…

  6. 整備関係

    愛整振・瀬戸支部が総会で組合と一体活動、大橋支部長を選出

    瀬戸自動車販売整備協同組合と一体で活動する愛知県自動車整備振興会(川村…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP