中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・港支部が警察と連携し防犯ネジを取り付け

動車関連盗難が後を絶たない中、愛整振の支部が地元警察と連携してナンバープレート盗難防止ネジ取り付けキャンペーンを展開している。今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を見合わせる支部も多いが、ナンバープレートの盗難被害が増加傾向にあることから、港支部(鈴木護支部長)が2月16日、名古屋市港区のイオン名古屋みなと店の駐車場で実施した。(写真)

(全文は整備新聞 令和3年2月25日号:2面に掲載)

三重自販協が書面総会を開き事業計画を決める前のページ

JAF愛知と愛知学院大が連携しカーシェアで豊橋の観光を発信次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    不正防止対策で「同一性違反」重点に指導強化

    中部運輸局は行政処分につながる不正やミスなどを防止するため、今年度は「…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツが独自のキッチンカー制作しイベントなどで活用

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)はこのほど、店舗イベントなどで食品…

  3. 整備関係

    USS名古屋が初荷AAでイベント企画など各種プレゼント

    ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は東海市の名古屋会場で1…

  4. 整備関係

    静岡で2月19日に「人材確保・育成」に向けてセミナー開催

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は、人材確保事業の一環と…

  5. 整備関係

    愛知電装組合が理事会で二養講習や研修会など計画

    愛知県自動車電装品整備商工組合(平出晴久 理事長)は4月24日…

  6. 整備関係

    愛知・指定5Bが総会で経営・技術・運営の各位委員会担当の事業計画を決める

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の指定第5ブロック(港地…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP