中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・港支部が警察と連携し防犯ネジを取り付け

動車関連盗難が後を絶たない中、愛整振の支部が地元警察と連携してナンバープレート盗難防止ネジ取り付けキャンペーンを展開している。今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を見合わせる支部も多いが、ナンバープレートの盗難被害が増加傾向にあることから、港支部(鈴木護支部長)が2月16日、名古屋市港区のイオン名古屋みなと店の駐車場で実施した。(写真)

(全文は整備新聞 令和3年2月25日号:2面に掲載)

三重自販協が書面総会を開き事業計画を決める前のページ

JAF愛知と愛知学院大が連携しカーシェアで豊橋の観光を発信次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    特定整備スタートし早々に認証取得に動き

    改正道路運送車両法が4月1日に施行され、特定整備制度がスタートした。自…

  2. 整備関係

    5月の1級整備士・口述試験の合格率は99%

    日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、5月9日に実施した令和2年度第…

  3. 整備関係

    愛整振・一宮支部が会員と連携して研修会や親睦会など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)一宮支部(住田正一支部長)はこの…

  4. 整備関係

    愛知のユーザー車検台数・上半期も3・6%増

    堅調な車検市場が続く中で、ユーザー車検が依然として大きな割合を維持して…

  5. 整備関係

    中部運輸局・新局長に嘉村氏が就任

    中部運輸局の新局長に、1月5日付の国土交通省人事異動で、独立行…

  6. 整備関係

    整備関係

    中部で新規の認証工場が急増「特定整備の駆け込み」など

    特定整備制度のスタートを前に、今年3月の新規認証が中部(5県)で43件…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP