中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知軽協会、継続検査OSS促進など事業計画

愛知県軽自動車協会(坪内孝暁会長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、書面による第71回通常総会を行い、軽自動車の一層の普及拡大や継続検査OSSの活用促進などを柱とした事業計画を承認したほか、役員選任では新理事に長島健博氏(日産プリンス名古屋販売・社長)、大貫秀樹氏(東海マツダ販売・社長)の両氏を選出した。

(全文は整備新聞 令和3年6月25日号:2面に掲載)

岐阜の人材確保、コロナ禍で一部事業中止も8月に体験学習計画前のページ

自動車の安全性能評価でスバル・レヴォーグが最高得点を獲得次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知で2月13日に人材確保のセミナー開催

    愛知自動車整備人材確保・育成連絡会(会長・小林博之愛知運輸支局長)は2…

  2. 整備関係

    愛知自販協が60周年記念で寄付金を贈呈

    愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)は2月12日、名古屋マリ…

  3. 整備関係

    新たな企画提案を:永谷敏行・CAA社長

    ――昨年のオークション実績はいかがでしたでしょうか。永…

  4. 整備関係

    整備関係

    岐阜整振・「飛騨にも軽検査場を」と、今年も要望書を提出

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は11月27日、羽島市の軽自動車…

  5. 整備関係

    整備売上高が4年連続でプラス成長

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)がまとめた令和2年度…

  6. 整備関係

    ナンバープレート表示の新基準適用を半年延長

    国土交通省は、車のナンバープレートの表示に係る新基…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP