中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知軽協会、継続検査OSS促進など事業計画

愛知県軽自動車協会(坪内孝暁会長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、書面による第71回通常総会を行い、軽自動車の一層の普及拡大や継続検査OSSの活用促進などを柱とした事業計画を承認したほか、役員選任では新理事に長島健博氏(日産プリンス名古屋販売・社長)、大貫秀樹氏(東海マツダ販売・社長)の両氏を選出した。

(全文は整備新聞 令和3年6月25日号:2面に掲載)

岐阜の人材確保、コロナ禍で一部事業中止も8月に体験学習計画前のページ

自動車の安全性能評価でスバル・レヴォーグが最高得点を獲得次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜車協・青年部が総会で事業計画、森新部会長選出

    岐阜県自動車車体整備協同組合・青年部会(松本悟部会長)は4月18日、岐…

  2. 整備関係

    静岡整備商工・総代会、役員改選で萩原真治常務理事を選出

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は6月21日、静岡…

  3. 整備関係

    整備関係

    日整連の実態調査で定期点検売り上げ3・4%増

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は平成31年度の自動…

  4. 整備関係

    大型車・車輪脱落の事故防止対策を強化

    大型車の車輪脱落事故が増加していることから、国土交通省は、「大型車の車…

  5. 整備関係

    愛知ダイハツが洪水被害のマレーシアに復興支援金

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は2月18日、マレーシア豪雨災害に対して寄…

  6. 整備関係

    整備関係

    岐阜整振・「飛騨にも軽検査場を」と、今年も要望書を提出

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は11月27日、羽島市の軽自動車…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP