中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の昭和支部が書面総会で研修会など事業計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の昭和支部(早川裕司支部長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大防止のため書面決議による第29回通常総会を行い、研修会や親睦事業の開催を柱とした新年度の事業計画や予算などを決めた。今期の事業について早川支部長は「昨年度はコロナウイルスの影響を受けて活動を自粛することとなった。今年度は感染拡大を考慮しながら少しずつ活動を再開していきたい」としている。

(全文は整備新聞 令和3年6月25日号:4面に掲載)

愛知の津島支部が総会で横井隆幸新支部長を選出前のページ

愛知の中川支部が総会で会員の交流や研修などを計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    電子制御整備認証、経過措置残り1年切る中で、中部の取得率62%

    令和5年度に入り、電子制御装置整備認証の取得ペースが加速するかどうか注…

  2. 整備関係

    国交省が検討、車検時に5項目のOBD確認を導入

    自動車技術の高度化に伴い、点検・整備関連の法・制度改正が進んでいるが、…

  3. 整備関係

    静岡商組が理事会で事業計画などを審議

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は3月24日、静岡市駿河区…

  4. 整備関係

    愛整振・県の「人材開発支援補助金」前期受講者の32%が申請

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)は整備士育成に当たって県の職業…

  5. 整備関係

    DRP、SBI損保、JATTOが連携し、エーミング対応の全国ネットを構築

    先進安全自動車の修理に伴い、電子制御装置整備(エーミング)の対応が求め…

  6. 整備関係

    静岡整振・初の子供向けイベントなど多彩な内容で点検をアピール

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)では、支部主催の点検教室…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP