中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の昭和支部が書面総会で研修会など事業計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の昭和支部(早川裕司支部長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大防止のため書面決議による第29回通常総会を行い、研修会や親睦事業の開催を柱とした新年度の事業計画や予算などを決めた。今期の事業について早川支部長は「昨年度はコロナウイルスの影響を受けて活動を自粛することとなった。今年度は感染拡大を考慮しながら少しずつ活動を再開していきたい」としている。

(全文は整備新聞 令和3年6月25日号:4面に掲載)

愛知の津島支部が総会で横井隆幸新支部長を選出前のページ

愛知の中川支部が総会で会員の交流や研修などを計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    JAFが自動車関係税のユーザーアンケート調査を行い98%が負担

    日本自動車連盟(JAF、藤井一裕会長)は今年も「自動車税制に関するアン…

  2. 整備関係

    運輸局の窓口など、キャッシュレス化やデジタル化で検査登録手続きを便利に

    国土交通省は、自動車検査登録手続きの「キャッシュレス化」と「デジタル化…

  3. 整備関係

    愛整振が今年も入庫促進キャンペーンを展開

    愛知県自動車整備振興会は今年も9月1日から、入庫促進などを目的に会員事…

  4. 整備関係

    静岡整振・外国人学校で職業講和をリモートで

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は、人材確保事業の一環として9月…

  5. 整備関係

    【特集】 中部5県整備振興会会長が語る整備業の将来像

    整備業界も大変革期を迎える中、業界の当面の課題は特定整備制度へ…

  6. 整備関係

    整備関係

    港北自動車、アライメント20000台達成でキャンペーン展開

    アライメントテスターを活用して足回りサービスに取り組む指定工場の港北自…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP