中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

福井整振・総会で課題に対応し事業計画を推進

福井県自動車整備振興会(田中森会長)は5月25日、福井県自治会館で第71回定時総会(写真)を開き、令和2年度事業・決算報告を承認するとともに、整備技術の向上や点検整備促進などを骨子とした事業計画を決めた。新年度の事業計画は、急激に進む自動車の新技術への対応をはじめ、特定整備、OBD検査、自動車検査証の電子化などの新たな制度への対応、喫緊の課題となっている整備士の不足や後継者難への対応を重点項目として、将来に向けて業界の持続的な繁栄を目指すこととしている。

(全文は整備新聞 令和3年6月25日号:1面に掲載)

三重整振・総会で竹林会長を再選、業界の使命を訴える前のページ

梅藤博幸・福井運輸支局長の就任インタビュー次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連・整商連が設備投資や人材確保への支援など要望

    自動車整備業界も大変革期を迎える中、日本自動車整備振興会連合会と同商工…

  2. 整備関係

    中部の整備業界から9氏が国土交通大臣表彰を受賞

    国土交通省は10月27日、令和4年度の自動車関係功労者に対する大臣表彰…

  3. 整備関係

    岐阜整振が児童画コンクール2023の表彰式を行う

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)は11月13日、岐阜市…

  4. 整備関係

    ユーザー車検対策「STOP違法整備!!」

    国土交通省は今年度も、車検時に未認証事業者が整備作業を行った可能性のあ…

  5. 整備関係

    新たな企画提案を:永谷敏行・CAA社長

    ――昨年のオークション実績はいかがでしたでしょうか。永…

  6. 整備関係

    コロナで点検キャンペーンのイベント大半が中止に

    今年度の全国一斉マイカー点検キャンペーンは、コロナ禍により「点…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP