中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整備商工・総代会、竹林理事長再選し教育指導や環境経済事業を計画

三重県自動車整備商工組合(竹林武一理事長)は6月4日、津駅前のホテル・グリーンパーク津で第46回通常総代会(写真)を開き、令和3年度事業計画などを決めた。役員改選では竹林理事長をはじめ、副理事長の田中純一氏、山﨑弘宣氏の両氏、中原拓専務理事、大川修一常務理事を再選。新副理事長には國分清一氏を選出した。

(全文は整備新聞 令和3年7月10日号:2面に掲載)

岐阜整備商工・総代会、組合員の経営基盤強化など計画前のページ

福井整備商工・総代会、振興会とも連携ICT化推進次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    特定整備対応、中部5県で新認証取得が230件

    特定整備制度に基づく新しい電子制御装置整備認証の取得に必要な整備主任者…

  2. 整備関係

    愛される業界めざし:竹林武一・三重整振会長

    新年あけましておめでとうございます。令和3年の新年を迎えるに当たり、年…

  3. 整備関係

    整備技術を一層強化:川村保憲・愛整振会長

    令和3年の年頭に当たり一言ご挨拶申し上げます。昨年は、我が国においても…

  4. 整備関係

    愛知の津島支部が総会で横井隆幸新支部長を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の津島支部(吉田眞志支部…

  5. 整備関係

    整備関係

    自動車登録申請添付書類の有効期間を延長扱い

    国土交通省では、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、自動車登録申…

  6. 特集

    【特集】愛整振支部が事業推進へ組織力強める

    自動車技術の高度化を背景に、整備業界も変革への対応を迫られる中…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP