中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整備商工・総代会、竹林理事長再選し教育指導や環境経済事業を計画

三重県自動車整備商工組合(竹林武一理事長)は6月4日、津駅前のホテル・グリーンパーク津で第46回通常総代会(写真)を開き、令和3年度事業計画などを決めた。役員改選では竹林理事長をはじめ、副理事長の田中純一氏、山﨑弘宣氏の両氏、中原拓専務理事、大川修一常務理事を再選。新副理事長には國分清一氏を選出した。

(全文は整備新聞 令和3年7月10日号:2面に掲載)

岐阜整備商工・総代会、組合員の経営基盤強化など計画前のページ

福井整備商工・総代会、振興会とも連携ICT化推進次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部の人材確保、中学生への働きかけ活動など

    整備士の人材確保問題に取り組む中部運輸局は4月19日、局会議室で令和3…

  2. 整備関係

    愛知の渥美支部が総会で鈴木操新支部長を選出

    渥美自動車組合(佐久間俊之組合長)は5月20日、書面による第5…

  3. 整備関係

    ネット活用を促進 安心の「保証サービス」を提供:熊﨑尚樹・JU岐阜羽島AA社長

    ――昨年のAA実績はいかがでしたか。熊﨑社長 昨年の結…

  4. 整備関係

    愛知整振・支部が主体で特定整備対応の資格取得講習を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は、今年度からスタートし…

  5. 整備関係

    中部の法令研修、自主学習や日程変更など

    今年度も各県で整備主任者・自動車検査員法令研修が本格化しているが、昨年…

  6. 整備関係

    愛知盗難防止協議会・ユーザー啓発強化などの活動計画決める

    自動車関連盗難が依然として多発する中、自動車関係団体と警察、損…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP