中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知部販協・総会で石川新会長選出し運営面を見直し効率化

愛知県自動車部品販売協会(向井英夫会長)はこのほど、新型コロナウイルス感染予防対策のため、書面による第76回通常総会を行い、部品販売業界の健全な発展に向けて協会運営を変更するとともに新年度の事業計画などを決めた。役員選任では新会長に石川量章氏(トヨタモビリティパーツ愛知支社長)を選出した。

(全文は整備新聞 令和3年7月10日号:3面に掲載)

特定整備を取得!丸幸自動車インタビュー前のページ

日車恊連・総会で小倉会長を再選、特定整備など柱に事業計画次のページ車体関係

関連記事

  1. 整備関係

    愛知・江南支部が若手会を開き情報交換

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の江南支部(大脇伸二支部…

  2. 整備関係

    愛知盗難防止協議会・ユーザー啓発強化などの活動計画決める

    自動車関連盗難が依然として多発する中、自動車関係団体と警察、損…

  3. 整備関係

    【特集】 愛整振・小牧教育センターの増築完成

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)が、昨年九月から進めてい…

  4. 整備関係

    整備関係

    自動車盗難 1件当たり被害額が増加

    自動車の盗難防止対策に取り組んでいる日本損害保険協会(損保協)は、今年…

  5. 整備関係

    愛知軽協会、継続検査OSS促進など事業計画

    愛知県軽自動車協会(坪内孝暁会長)はこのほど、新型コロナウイル…

  6. 整備関係

    愛知のユーザー車検台数・上半期も3・6%増

    堅調な車検市場が続く中で、ユーザー車検が依然として大きな割合を維持して…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP