中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知部販協・総会で石川新会長選出し運営面を見直し効率化

愛知県自動車部品販売協会(向井英夫会長)はこのほど、新型コロナウイルス感染予防対策のため、書面による第76回通常総会を行い、部品販売業界の健全な発展に向けて協会運営を変更するとともに新年度の事業計画などを決めた。役員選任では新会長に石川量章氏(トヨタモビリティパーツ愛知支社長)を選出した。

(全文は整備新聞 令和3年7月10日号:3面に掲載)

特定整備を取得!丸幸自動車インタビュー前のページ

日車恊連・総会で小倉会長を再選、特定整備など柱に事業計画次のページ車体関係

関連記事

  1. 整備関係

    三重整振が警察に交通事故防止啓発物を寄贈

    秋の交通安全運動が展開される中、三重県自動車整備振興会(竹林武…

  2. 整備関係

    電子制御認証で中部の取得率が18%超える

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が進んでおり、中部5県で…

  3. 整備関係

    愛知・江南支部が若手会を開き情報交換

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の江南支部(大脇伸二支部…

  4. 整備関係

    整備需要動向調査で売り上げや入庫DIが改善

    コロナ禍で整備業界の景況感も昨年前半は大幅に悪化していたが、後半には徐…

  5. 整備関係

    愛知整振・支部が主体で特定整備対応の資格取得講習を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は、今年度からスタートし…

  6. 整備関係

    三重整振、理事会で新技術対応など重点に事業計画

    三重県自動車整備振興会は3月9日、津市の振興会館で第178回理…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP