中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

国交省・車輪脱落事故の防止へ調査・分析検討の中間まとめ

国土交通省は、「大型車の車輪脱落事故防止対策に係る調査・分析検討会」の中間取りまとめを公表した。ここで提言された車輪脱落事故防止対策を、関係団体と協力して推進していくこととしている。中間取りまとめのポイントは、車輪脱落事故車両調査、タイヤ脱着作業などの実態調査・分析結果として、①事故車両において、劣化したナットが使用されていたり、ナットの点検・清掃、潤滑剤の塗布などが適切に行われていなかった②規定トルクでナットの締め付けを行っておらず増し締めも行っていなかった③日常点検においてナットの緩みの有無を確認していなかった④整備管理者による指導・管理が不十分であった。

(全文は整備新聞 令和5年2月10日号:4面に掲載)

国交省・大型車のAEBS基準強化し対歩行者試験を追加前のページ

愛整振支部が県内各地で盗難防止ネジの取り付けキャンペーン展開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振が県内3会場で電子車検証の説明会を開催

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は11月、県内3カ所で特定整備事…

  2. 整備関係

    静岡整振など10月23日・沼津でフェスタを開催、整備士の魅力アピール

    子供たちに整備士の仕事の魅力を発信する静岡県自動車整備振興会(杉山智彦…

  3. 整備関係

    日整連・理事会で令和6年度事業など承認

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一 会長)は1月17日、パレ…

  4. 整備関係

    特定整備対応、中部5県で新認証取得が230件

    特定整備制度に基づく新しい電子制御装置整備認証の取得に必要な整備主任者…

  5. 整備関係

    愛整振・指定6Bが総会で研修事業などの計画を決める

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の指定第6ブロック(西・…

  6. 整備関係

    愛知の車検市場は上半期も底堅く

    今年度上半期(4~9月)の継続車検市場は、いわゆる裏年に当たるものの堅…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP