中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部整備業界で電子整備認証の取得率が約35%に

新点検基準の施行を控え、特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得ペースが加速している。とくに、全国平均のほぼ倍の取得率で進んでいる中部5県では、8月末現在で取得率が約35%に達した。中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)の集計によると、8月末現在における各県整備振興会会員の電子制御装置整備の認証取得状況は、5県合計で4370工場となり、既存会員認証工場(1万2594工場)に対する取得率は34・7%。指定工場が2666工場(取得率57・5%)、認証工場が1704工場(同21・4%)となった。

(全文は整備新聞 令和3年9月10日号:1面に掲載)

愛整振が9月から入庫促進のキャンペーンを展開前のページ

全国一斉に点検キャンペーン始まるもイベント系は大半中止に次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    春の叙勲・褒章で浮田氏が旭日小綬章、太田氏が黄綬褒章

    令和3年度春の叙勲・褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から福井県…

  2. 整備関係

    整備関係

    岐阜整振・「飛騨にも軽検査場を」と、今年も要望書を提出

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は11月27日、羽島市の軽自動車…

  3. 整備関係

    三重整振が理事会で来年度の事業計画など審議

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は3月3日、津市の振興会…

  4. 整備関係

    オリ・パラ特別ナンバーの交付と申込期限を1年延長

    国土交通省は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催延…

  5. 整備関係

    三重整振・理事会で特定整備対応など報告

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は5月17日、津市の振興…

  6. 整備関係

    高度化講習など推進:小倉龍一・日車恊連会長

    あけましておめでとうございます。2021年の新春を迎えるにあたり、所信…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP