中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

全国一斉に点検キャンペーン始まるもイベント系は大半中止に

「どこ行こう その日のために マイカー点検」をスローガンに、今年も9~10月の2ヵ月間を中心に全国一斉の「マイカー点検キャンペーン」が始まった。本来なら各県整備振興会では支部や組合が主体となって、各地で点検教室や無料点検などを繰り広げるところだが、昨年に続き今年も新型コロナウイルス感染拡大が収まらず、二年続きでイベント系は大半が中止に追い込まれることになりそうだ。特定整備制度がスタートして2年目、10月からは新点検基準も施行され点検整備の重要性をどうアピールするかが課題となっている。

日本自動車整備振興会連合会(日整連)の音頭で全国展開する同キャンペーンは、昭和63年から継続しており、今年度で36回目。今回も9月の第1土曜日を「マイカーてんけん日」とし、点検教室や無料点検、地域イベントへの参加などで点検整備の重要性・必要性をアピールする計画だった。昨年はコロナ禍の影響でイベント系がほとんど中止となっただけに、各振興会の支部や地区組合は「今年こそは」と意気込んでいたが、中部でも4県にコロナ感染の緊急事態宣言が出される中で始まり、大半のイベント系計画は中止の方向となっている。

(全文は整備新聞 令和3年9月10日号:1面に掲載)

中部整備業界で電子整備認証の取得率が約35%に前のページ

関連記事

  1. 整備関係

    LINEアプリで車検の車両管理システム構築し効率化

    西尾自動車整備協業組合(杉浦隆代表理事、T・S日進商会社長)は…

  2. 整備関係

    自動車整備技能登録試験で10種目平均の合格率は85・9%

    日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、3月21日に実施した令和2年度…

  3. 整備関係

    2020年の事故死者数、愛知は2年連続でワースト免れる

    昨年の愛知県の交通事故死者数は154人(150人)となり、前年…

  4. 整備関係

    コロナで点検キャンペーンのイベント大半が中止に

    今年度の全国一斉マイカー点検キャンペーンは、コロナ禍により「点…

  5. 整備関係

    継続車検がコロナ禍で市場が乱高下

    新型コロナウイルス感染拡大の影響が、継続車検市場にも表れている。今年度…

  6. 整備関係

    豊川支部がスーパー駐車場で防犯ネジ取付け

    自動車関連盗難が後を絶たない中で、愛知県自動車整備振興会(川村…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP