中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備需要動向調査で売上高DIが急改善し4年ぶりにプラス

コロナ禍の影響を受けながらも、車検台数の伸びなどに支えられ自動車整備業界の業績は堅調に推移しており、今年に入ってからの総整備売上高DIが四年ぶりにプラスに転じたほか、景況感もマイナス圏内ながら改善に向かっている。日本自動車整備振興会連合会(日整連)がまとめた第51回「整備需要等の動向調査」によると、今回の調査対象期間の令和3年1~6月における総整備売上高DI、総入庫台数DIはいずれも2期連続で改善し、上げ幅は過去最大となった。来期(今年7~12月)予想も両DIは上昇している。

(全文は整備新聞 令和3年10月10日号:2面に掲載)

検査員研修など「同一性の確認」を強調前のページ

三重整振が警察に交通事故防止啓発物を寄贈次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    運輸局の窓口など、キャッシュレス化やデジタル化で検査登録手続きを便利に

    国土交通省は、自動車検査登録手続きの「キャッシュレス化」と「デジタル化…

  2. 整備関係

    中整連総会、事業計画など書面決議

    中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協…

  3. 整備関係

    岐阜整振が理事会で上半期の事業などを報告

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月14日、岐阜市の岐…

  4. 整備関係

    中部運輸局・遠隔操作の自動運転許可

    中部運輸局が全国で初めて認可した遠隔型自動運転システムによる自動運転車…

  5. 整備関係

    梅藤博幸・福井運輸支局長の就任インタビュー

    4月1日付で中部運輸局福井運輸支局長に、前自動車技術総合機構中…

  6. 整備関係

    静岡商工が3会場で「商工祭」を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)はこのほど、令和2…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP