中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・指定22Bが最近の業界動向をテーマに例会を開く

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の指定22ブロック(津島地区=本多晃浩ブロック長)は1月10日、名古屋駅前の北京宮廷料理・涵梅舫で例会(写真)を開いた。 冒頭、本多ブロック長は「1月から車検証が電子化され、指定整備においてOSSの申請が必要になる。今後も会員の交流を深めながら事業を推進していきたい」と強調した。

(全文は整備新聞 令和5年2月10日号:2面に掲載)

愛知部品販売協会・片山右京氏を招き新年講演会を開く前のページ

岐阜・羽島郡支部、次世代の会が中古車展示など勉強会次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知電装品整備・賛助会員も参加して賀詞交歓会

    愛知県自動車電装品整備商工組合(平出晴久 理事長)は1月20日…

  2. 整備関係

    愛整振・天白支部が街頭検査など地域密着の事業計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の天白支部(大河内和義 支部長…

  3. 整備関係

    全日本整備技能競技大会でハイレベルの白熱戦を展開、静岡が準優勝

    「クルマの未来は この手で支える」をスローガンに、整備士日本一…

  4. 整備関係

    三重運輸支局・加藤正光支局長の就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局三重運輸支局長に前自動車技術安全部次長…

  5. 整備関係

    三重・未来考える会が子供向けに整備体験など実施

    三重県自動車整備振興会の「整備業界の未来を考える会」(伊井雅春…

  6. 整備関係

    三重・未来を考える会がコロナ対応やOBD検査など情報交換

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP