中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知自販協が交通安全標語など決める

春の交通安全運動を前に愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)の交通安全推進委員会(川村保憲委員長)はこのほど、書面による「第36回交通安全推進委員会」を行い、令和三年度の交通安全運動の推進計画や無事故・無違反コンクールの実施、交通安全ポスターの安全標語などを決めた。

(全文は整備新聞 令和3年4月10日号:4面に掲載)

事故防止をさらに~春の交通安全運動を展開前のページ

JU岐阜組合が今年も岐阜市にチャリティー浄財次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    USS名古屋がデジタル出品票の導入へ

    ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は1月8日から、東海市の…

  2. 整備関係

    LINEアプリで車検の車両管理システム構築し効率化

    西尾自動車整備協業組合(杉浦隆代表理事、T・S日進商会社長)は…

  3. 整備関係

    岐阜検査員会が書面総会を行い大宮新会長を選出

    県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員会はこのほど…

  4. 整備関係

    電子制御整備認証で中部の取得率40%台へ

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が着実に前進している。と…

  5. 整備関係

    愛整振・豊川支部が警察とタイアップし防犯ネジを取り付け

    自動車関連盗難が後を絶たない中で、愛知県自動車整備振興会(川村…

  6. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局:林自動車技術安全部長・特別インタビュー

    自動車整備業界も大変革期に入った。車両法改正で自動運行装置も点検・整備…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP