中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中整連幹事会、特定整備などで情報交換

中部5県の自動車整備振興会・商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協議会(中整連、会長・川村保憲愛整振会長)は10月12日、名古屋駅前のホテルサンルートプラザで幹事会(写真=特定整備やOBD検査について説明する髙瀬部長)を開いた。各振興会・商工組合の専務理事のほか、中部運輸局自動車技術安全部から髙瀬竜児部長ら3氏も出席した。今回は①令和3年度中日本ブロック連絡会議②3年度の理事会③東海3県合同のラジオCM及びテレビCM放送④4年度の定期総会⑤4年度の理事会―などについて審議した。

(全文は整備新聞 令和3年10月25日号:1面に掲載)

三重運輸支局、整備士や検査員など54人を表彰前のページ

スキャンツールの補助金の申請がわずか1日で受付終了に次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知ダイハツが本社ステーションでカーシェア事業を開始

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は4月28日から、名古屋市中区の本…

  2. 整備関係

    特定整備・次代へアプローチ「明豊自動車(豊田市)」インタビュー

    指定工場の明豊自動車(豊田市)は1月、「電子制御装置整備」の認…

  3. 整備関係

    車輪脱落防止へ新点検方法導入

    近年、大型車の車輪脱落事故件数が増加していることを踏まえ、国土交通省は…

  4. 整備関係

    整備関係

    岐阜運輸支局が高校の出前講座で現役整備士の魅力発信

    岐阜運輸支局は2月13日、岐阜県立岐南工業高等学校で自動車整備人材の確…

  5. 整備関係

    新春放談:川村保憲愛整振会長~技術革新に対応し「整備力」さらに

    2022年がスタートしました。我が国ではようやく、新型コロナウ…

  6. 整備関係

    二輪の灯火器取付に国際基準を導入

    国土交通省は、二輪自動車の灯火器などの取り付けに関する国際基準を導入す…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP