中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

新春放談:川村保憲愛整振会長~技術革新に対応し「整備力」さらに

2022年がスタートしました。我が国ではようやく、新型コロナウイルス感染拡大収束の兆しも見え、社会経済活動が活発化し始めましたが、今年の景気動向についてはどのように見ておられますか。

川村会長 この2年間、コロナ禍の影響により厳しい経済状況が続きました。海外の懸念要素はありますが、我が国では落ち着きを取り戻しており、これから経済回復が本格化していくことを期待しています。とくに、昨年秋に岸田政権が誕生し、財政支出55兆円超という大型の経済対策を打ち出しました。年明けとともに社会経済活動の活性化が強まっており、昨年とは違う明るい雰囲気の新年スタートとなっているように受け止めています。(写真=川村会長)

――整備業界では、コロナ禍の影響は小さかったのではないでしょうか。

川村会長 整備業は景気の影響を直接受けにくい業種だと言われており、とくに今回のコロナ感染拡大による緊急事態宣言下においても、整備業については国民の安定的な生活確保のための重要な業種と位置付けられ、しっかりとした事業の継続を求められました。

(全文は整備新聞 令和4年1月10日号:9面に掲載)

来年1月から車検証電子化、整備事業者で記録更新など前のページ

保証サービス拡充:熊﨑尚樹・JU岐阜羽島AA社長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・理事会で事業報告や決算書類など承認

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は5月10日、小牧教育セ…

  2. 整備関係

    岐阜整振・岐南西支部が総会で安全フェアや産廃共同収集など計画

    岐阜整振・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊藤智司支部長)はこのほど、令和…

  3. 整備関係

    整備用機械工具の総販売額が6年ぶり減、エンジン診断機など伸びる

    日本自動車機械工具協会(機工協、柳田昌宏会長)がまとめた令和2年度自動…

  4. 整備関係

    静岡整備政治連盟が総会開き業界の課題解決向け推進

    整備業界にあって活発な政治活動を行っている静岡県自動車整備政治…

  5. 整備関係

    新点検基準が10月施行、OBD点検を記載

    今年10月から改正点検基準が施行され、新しい点検整備記録簿への記載が始…

  6. 整備関係

    愛整振支部長会で来年度キャンペーンの説明など

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は2月10日、小牧教育セ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP