中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

車体整備の特定整備認証取得が中部平均で組合員の4割

車体整備業界の電子制御装置整備認証の取得ペースが、令和3年度に入ってやや鈍くなっているが、中部地区では昨年末までに車体整備協同組合員の4割近くが認証取得した。従来の分解整備認証もほぼ同数残っており、既存事業者の猶予期間の令和5年度までには大半が電子制御認証に移行するものと見られる。

(全文は整備新聞 令和4年1月10日号:13面に掲載)

中部の整備工場数、11月の新規認証が依然高水準~半年間連続で増前のページ

愛整振・指定22Bが例会と懇親会開き会員の交流深める次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    三重車恊が総会で専門部会で研修会など計画

    三重県自動車車体整備協同組合(片岡則久理事長)は5月25日、津市の三重…

  2. 車体関係

    車体整備関係

    テュフジャパンが板金塗装の技術者育成トレーニング認定を開始

    品質や安全などの監査・認定サービスを行うテュフラインランドジャパン(横…

  3. 車体整備関係

    中部車協連が講習会などで情報交換

    中部地区自動車車体整備協同組合連絡協議会(会長・金原正和愛車協理事長)…

  4. 車体整備関係

    高度化講習を定期化:小倉龍一日車恊会長

    あけましておめでとうございます。2022年の新春を迎えるにあたり、所信…

  5. 車体関係

    車体整備関係

    特定整備認証取得が中部でまだ1割にとどまる

    今年度から特定整備制度がスタートし、車体整備事業も電子制御装置整備の認…

  6. 車体整備関係

    静岡車協が保険対応をテーマに西部地区でも経営セミナーを開催

    静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)は10月23日、静岡県自…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP