中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

中部車恊連、特定整備への対応など情報交換

中部5県の車体整備協同組合で構成する中部地区自動車車体整備協同組合連絡協議会(会長・金原正和愛車協理事長)は7月22日、名古屋市中区の日本特殊陶業市民会館で第39回協議会(写真)を開き、特定整備制度への取り組み状況などについて情報・意見交換を行った。最初に、新型コロナウイルスの影響について各県から報告。いずれも仕事量が大幅に落ち込んでおり、今後さらに厳しい見方が広がっている状況などが説明された。持続化給付金を申請する動きも報告された。次に、特定整備制度への取り組みでは、これまでに電子制御装置整備認証を取得した組合員は愛知で4社、静岡で5社、岐阜で13社、三重で2社、福井で1社あり、申請中や整備主任者資格取得講習受講者もかなりあることから、これから徐々に認証取得が進んでいくものと見られる。

(全文は整備新聞 令和2年8月10日号:3面に掲載)

USS、名古屋会場で夏のイベントAAを開催前のページ

今年も点検整備推進運動~啓発活動を強力に次のページ

関連記事

  1. 車体関係

    車体整備関係

    岐阜車協青年部会がエーミングの検証会を開く

    車体整備業界で先進安全自動車対応の修理技術強化が求められる中、岐阜県自…

  2. 車体関係

    車体整備関係

    愛車協の組合員2社が特定整備の新認証看板

    特定整備認証の取得を積極的に進める愛知県自動車車体整備協同組合で、4月…

  3. 車体関係

    車体整備関係

    中部5県車協総会・特定整備対応など計画

    中部各県の自動車車体整備協同組合は、5月下旬から6月上旬にかけて通常総…

  4. 車体整備関係

    新明工業がティフ認証を取得、より高度な車体修理技術に対応

    全国でも屈指の規模を誇る新明工業(本社・豊田市、佐々木和彦社長…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お知らせ
PAGE TOP