中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

社会的役割しっかり:竹林武一・三重整振会長

新年あけましておめでとうございます。令和4年の新年を迎えるに当たり、年頭のご挨拶を申し上げます。自動車販売関係については、新型コロナウイルス感染拡大と部品供給や半導体不足の影響により、新車の販売台数が伸び悩んでいる状況ですが、政府の大規模な経済対策の実施等により例年以上の水準に戻ることを強く期待しています。また、自動車整備関係については、特定整備制度の導入やOBD検査の実施に向けた準備に加えてカーボンニュートラルの実現に向けた対応も求められているところであります。自動車整備業界においては、今後も全般的には安定した経営状況が続くものと思われますが、中長期的には事業のベースである自動車保有台数の大きな増加は望めない中で、整備業界は直面している新技術対応や人材確保等の課題に取り組むとともに、地域を支えるカ―ドクターとしての適切な事業運営が求められています。当振興会においては、本年も整備事業としての社会的役割を果たし、自動車使用者の利益の増進に寄与できるよう業界の振興発展に努めるべき各種事業を継続して実施いたします。

(全文は整備新聞 令和4年1月10日号:3面に掲載)

業界の持続的繁栄へ:田中森・福井整振会長前のページ

人材育成など積極化:杉山智彦・静岡整振会長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備白書・業界環境の変化を説明

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和3年度特定整…

  2. 整備関係

    愛知運輸支局・環境対応などで191事業場を表彰

    中部運輸局愛知運輸支局は7月13日、名古屋市公会堂で令和4年度…

  3. 整備関係

    経産省のコロナ禍対策「事業復活支援金」申請は5月末まで

    経済産業省では、中小法人や個人事業者を対象にコロナの影響を受けた事業の…

  4. 整備関係

    愛整振・中川支部が理事ブロック長会議でコロナ禍での事業活動など協議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部…

  5. 整備関係

    新春放談:川村保憲愛整振会長~技術革新に対応し「整備力」さらに

    2022年がスタートしました。我が国ではようやく、新型コロナウ…

  6. 整備関係

    愛整振・総会で整備技術力の強化を推進

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は6月10日、名古屋駅前…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP