中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知・指定研究会が役員会で来年度の事業計画などを討議

県内の有力指定整備工場で構成する愛知県自動車指定研究会(奥村静雄会長)は12月8日、名古屋市昭和区のブリヂストンタイヤソリューションジャパン・鶴舞ビルで役員会(写真)を開催した。役員会では総会に向けて新年度の事業計画について討議したほか、

(全文は整備新聞 令和4年1月25日号:2面に掲載)

国交省が大雪時の大型車立ち往生に注意を呼びかけ前のページ

愛知ダイハツが豊橋店を移転しグランドオープン次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    自動車機構、不当要求行為が63件発生

    自動車技術総合機構はこのほど、令和元年度中に全国の事務所(車検場)で発…

  2. 整備関係

    岐阜整備商組・理事会で上半期事業の報告など

    岐阜県自動車整備商工組合(國枝功理事長)は1月18日、第164…

  3. 整備関係

    岐阜整振、昨年下期のキャンペーン抽選を行う

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月21日、岐阜市の同…

  4. 整備関係

    日整連が理事会、新技術対応など柱に事業計画を承認

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は1月17日、第17…

  5. 整備関係

    中部の法令研修、自主学習や日程変更など

    今年度も各県で整備主任者・自動車検査員法令研修が本格化しているが、昨年…

  6. 整備関係

    JAFが自動車関係税のユーザーアンケート調査を行い98%が負担

    日本自動車連盟(JAF、藤井一裕会長)は今年も「自動車税制に関するアン…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP