中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

静岡整振、ライブ配信で人材確保セミナーを開く

静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は、人材確保事業の一環として2月19日、静岡市葵区の中島屋グランドホテルで「静岡県自動車整備人材確保・育成セミナー」を開催。当日はコロナ対策としてホテルからユーチューブのライブ配信をメインに行った。セミナーは約3時間、2部構成で各部2人の講師が人材確保・育成や整備技術、業界の未来などのテーマで講演した。(写真=セミナーで挨拶する杉山会長)

同振興会は「時代の流れの中で、自動車整備業界も大きな変革の波に直面しており、自動車整備士を目指す若者も時代とともに大きく減少している。私たちはどのように整備士を育てていくのか」とし、セミナーでは魅力ある業界を目指すことをテーマに開催した。第1部は中部運輸局自動車技術安全部の髙瀬竜児部長による「中部運輸局の人材確保・育成の取り組みについて」、静岡自動車学園の平井一史理事長による「これからの自動車整備技術者に求められるもの」の2題。また、第2部はオフィスH2Oの平光敬和社長による「整備人材の未来 私たちの未来」、坂井モーターの坂井光藏社長による「社員の幸せを目指して!」の2題で実施した。

(全文は整備新聞 令和4年3月10日号:1面に掲載)

福井整振、理事会開き来年度の事業改革決める前のページ

電子制御整備認証、中部の指定工場では82・7%に次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    行政処分で同一性確認の徹底などを強調

    中部運輸局は整備事業者に対する昨年度の行政処分を踏まえ、今年度はとくに…

  2. 整備関係

    整備需要動向調査、売上・入庫DIが最低

    日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)はこのほど、第49回「整備需…

  3. 整備関係

    岐阜整振・11月13日に競技大会を開催

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)はこのほど、「第18回岐…

  4. 整備関係

    中部の人材確保、中学生への働きかけ活動など

    整備士の人材確保問題に取り組む中部運輸局は4月19日、局会議室で令和3…

  5. 整備関係

    整備売上高が5年ぶりに前年比減

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)がまとめた令和3年度…

  6. 整備関係

    スキャンツール導入補助金を今年度は10月4日から公募開始

    国土交通省は今年度も自動車整備事業者を対象に、外部故障診断機(スキャン…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP