中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重・鈴鹿組合がコロナ感染予防で体温測定器を設置

鈴鹿自動車整備組合(田中淳一理事長)はこのほど、コロナウイルス感染予防対策の一環で組合事務所内に体温を測定する「サーモマネージャー」(写真)を新たに設置した。これまで同組合事務所を利用する際には、体温の自己申告やアルコール消毒を行いながら感染リスクを下げてきた。新たに体温測定器を設置したことで、その場で検温することが可能となり、利用者の感染予防対策につなげる。

(全文は整備新聞 令和3年3月10日号:2面に掲載)

豊川・伊藤モータースの52周年感謝祭に1300人来場前のページ

トラスティーレンタがカタログなどでレンタカーの代車メリットをPR次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    トラック市場の動向、普通・小型ともコロナ禍の影響で荷動き鈍る

    日本自動車工業会(自工会、豊田章男会長)はこのほど、2020年度に実施…

  2. 整備関係

    三重会議所、総会で竹林会長を再選、公益活動など計画

    三重県自動車会議所(竹林武一会長)は6月24日、ホテル・グリー…

  3. 整備関係

    中整連の新会長に川村氏(愛整振会長)を選出

    中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協…

  4. 整備関係

    日整連・竹林武一会長に2期目の意欲を聞く

    自動車業界は技術の高度化が急進展し、百年に一度の大変革期と言わ…

  5. 整備関係

    岐阜整振がイベントで子供たちに整備士を体験

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は8月23日、岐阜市のO…

  6. 整備関係

    整備関係

    愛整振青年部会・総会で事業計画を書面決議

    愛知県自動車整備振興会(坪内恊致会長)の青年部会(中川幸典部会長)はこ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP