中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重・鈴鹿組合がコロナ感染予防で体温測定器を設置

鈴鹿自動車整備組合(田中淳一理事長)はこのほど、コロナウイルス感染予防対策の一環で組合事務所内に体温を測定する「サーモマネージャー」(写真)を新たに設置した。これまで同組合事務所を利用する際には、体温の自己申告やアルコール消毒を行いながら感染リスクを下げてきた。新たに体温測定器を設置したことで、その場で検温することが可能となり、利用者の感染予防対策につなげる。

(全文は整備新聞 令和3年3月10日号:2面に掲載)

豊川・伊藤モータースの52周年感謝祭に1300人来場前のページ

トラスティーレンタがカタログなどでレンタカーの代車メリットをPR次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    PRや人材育成など組合員の支援を積極化:横山隆仁・岐阜中販理事長

    ――昨年の中古車市場はいかがでしたか。横山理事長 昨年…

  2. 整備関係

    愛知支局が窓口の混雑緩和にスマホで受付確認

    愛知運輸支局(名古屋市中川区)はこのほど、名古屋ナンバー限定で…

  3. 整備関係

    整備主任者検査員研修・自主学習とり入れ新方式も

    新型コロナウイルスの感染拡大防止のため多人数での研修が困難にな…

  4. 整備関係

    三重整振が理事会で上半期の事業・収支報告

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は12月2日、津駅前のホ…

  5. 整備関係

    岐阜整振、7月から入庫促進キャンペーンを展開

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月1日から点検整備入庫促進策…

  6. 整備関係

    新明工業が名市立工業高にCVTカット教材を贈呈

    若い整備士確保などの課題に取り組む愛知自動車整備人材確保・育成…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP