中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

国交省主催で整備士の仕事体験を全国展開

仕事体験を通じて自動車整備士に対する興味や関心を高めてもらおうと、国土交通省は今年夏、高校生などを対象に初の「自動車整備業における仕事体験事業」を全国展開する。生徒らを受け入れる整備事業者向けの説明会をブロックごとに、この4月全国八会場で開催。中部では12日、愛整振小牧教育センターで開き(写真)、事業概要などを説明した。出席した整備事業者からは細部にわたる質問が出て、関心の高さを示した。

(全文は整備新聞 令和5年4月25日号:1面に掲載)

電子制御整備認証の経過措置が残り1年に前のページ

愛知で5月11日から春の交通安全運動を展開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    4月から自賠責保険料が平均16・4%の値下げに

    自動車損害賠償責任保険(自賠責)の保険料が4月1日から、平均16・4%…

  2. 整備関係

    愛知・春の交通安全運動、自転車利用のヘルメット着用など

    自動車関係団体も参画する愛知県交通安全推進協議会(会長・大村秀…

  3. 整備関係

    特定整備を推進、睦自動車がエーミング作業など内製化

    指定工場の睦自動車(本社・豊橋市)は12年3月、本社工場及び牛…

  4. 整備関係

    愛整振・OBD検査・確認の説明会51開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は、来年10月からスター…

  5. 整備関係

    岐阜・美濃加茂支部が3年ぶりの献血活動に58人が協力

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・中濃ブロックの美濃加茂…

  6. 整備関係

    愛知商組が総代会、電子制御整備の認証看板PRも

    愛知県自動車整備商工組合(川村保憲理事長)は六月10日、ミッド…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP