中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子制御整備認証の経過措置が残り1年に

特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得について、既存事業者に対する経過措置が残り1年となった。取得率が全国で最も高い中部地区でも、ようやく60%台に乗ったところで、令和五年度の各県整備振興会の取り組みが注目される。中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)のまとめによると、令和4年度末(3月末)現在の電子制御装置整備認証取得工場数は、五県合計で7769工場となり、振興会会員数(1万2715工場)に対する取得率は61・1%。このところ1カ月で1%程度の上昇となっている。

(全文は整備新聞 令和5年4月25日号:1面に掲載)

日整連・整備白書で人材不足対応など調査前のページ

国交省主催で整備士の仕事体験を全国展開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    1月の登録実技試験平均合格率は55パーセント

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、1月17日に実施…

  2. 整備関係

    中部の整備工場数、新規認証が再び増加

    7月に入り、中部地区で整備事業の新規認証が再び急増してきた。中部運輸局…

  3. 整備関係

    岐阜整振・点検キャンペの年間応募総数3万665枚

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月26日、岐阜市の同…

  4. 整備関係

    10月22日、23日金山で「なんでも無料相談所」を開設

    「クルマに関することは、なんでも相談に応じます」と、愛知県自動…

  5. 整備関係

    岐阜検査員会と運輸局・OBD検査で意見交換会を開催

    中部運輸局自動車技術安全部は12月6日、岐阜市のホテルグランヴ…

  6. 整備関係

    岐阜・土岐支部が独自のメンテナンスクーポン券で入庫促進へ

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・東濃ブロックの土岐支部…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP