中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

トラスティーレンタがカタログなどでレンタカーの代車メリットをPR

損保代車用レンタカー事業を展開するトラスティレンタカー(本社・清須市、西村勇吾社長)はこのほど、新たにカタログやPRチラシ(写真)など作製して愛知県内のレンタカー事業の取り組みを強めている。同社の特徴は①工場代車の維持費などの負担軽減②豊富な車種を準備(300台以上)③損保会社との協定業務の対応(代車料金の相談及び協定業務)④高水準の紹介料―などを利用メリットとしている。

(全文は整備新聞 令和3年3月10日号:2面に掲載)

三重・鈴鹿組合がコロナ感染予防で体温測定器を設置前のページ

JU岐阜AAが組合青年部と共催でイベントAA次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    新制度への対応など:竹林武一・日整連会長

    新年あけましておめでとうございます。令和4年の新春を迎えるに当たり、所…

  2. 整備関係

    検定規則改正で自動車整備士の資格体系を一本化

    国土交通省は、整備士資格制度などを見直す自動車整備士技能検定規則の一部…

  3. 整備関係

    新たな企画提案を:永谷敏行・CAA社長

    ――昨年のオークション実績はいかがでしたでしょうか。永…

  4. 整備関係

    愛整振・中支部が車検証電子化に向けて研修会など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中支部(野田浩司支部長…

  5. 整備関係

    【特集】岐阜検査員会・独自のシステムで不正改造車を排除!

    ストップ・ザ・不正改造―「不正改造車は犯罪です」と訴え、今年…

  6. 整備関係

    名古屋の軽車検場で検査機器に衝突事故

    軽自動車検査協会愛知主管事務所(名古屋市港区)で11月6日、検…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP