中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

車検ステッカーの貼付位置を7月から運転席上部に

国土交通省は、検査標章の貼付位置を見直す「自動車検査業務等実施要領(依命通達)について」を一部改正し、7月3日から施行することを発表した。この見直しは、無車検運行防止対策の一環として、検査標章の位置を前方から見やすい位置であるとともに、運転者が検査標章に表示している自動車検査証の有効期間を容易に確認できる位置に表示することを目的に、検査標章の貼付位置を「前面ガラスの運転席側上部で、車両中心から可能な限り遠い位置」にするよう規定した。ただし、運転者の視野を妨げる場合は、「運転者の視野を妨げない、前方かつ運転席から見やすい位置」としている。

(整備新聞 令和5年4月25日号:1面に掲載)

静岡政治連盟・国会議員との懇談会など理事会で活動方針審議前のページ

日整連・整備白書で人材不足対応など調査次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重運輸支局、環境に優しい優良41事業場を表彰

    三重運輸支局(加藤正光支局長)は7月27日、津市の自動車整備振…

  2. 整備関係

    タイヤのパンク修理など空気充填作業に注意

    日本自動車タイヤ協会(JATMA,東正浩会長)はこのほど、タイヤの空気…

  3. 整備関係

    愛整振会長に川村保憲氏(愛知日野自動車社長)が就任

    30年ぶりにトップ交代 坪内恊致会長の死去に伴い、愛知県自…

  4. 整備関係

    愛整振が9月から入庫促進のキャンペーンを展開

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は今年度も9月1日から12月末ま…

  5. 整備関係

    岐南西支部が総会で産廃の共同収集や安全フェアなど事業計画

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・岐阜南ブロックの岐南西…

  6. 整備関係

    岐阜整振・指定部会、全会員の新規認証取得を積極化

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は4月15日、岐阜市の岐…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP