中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JAF中部本部がバーチャル空間で交通安全の啓発

日本自動車連盟(JAF)中部本部(山口真史本部長)は4月1日、バーチャル空間で交通安全を啓発するドライビングシミュレーター(写真)を全国のJAFで初めて導入した。これは157種類のコースを体験することができるドライブシミュレーターで、VRゴーグルを着用して体験することもできる。危険を体験しながら安全運転のトレーニングを行うことにより交通事故防止につなげるとしている。

(全文は整備新聞 令和4年5月10日号:4面に掲載)

静岡整備政治連盟、国会議員などに要望書を提出前のページ

令和3年度のリコール届出件数、対象台数ともに大幅減次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    高山自動車短大・新実習センターが完成、最新設備と教材充実

    高山自動車短期大学(坂井歩学長)は2月27日、同校敷地内に最新…

  2. 整備関係

    岐阜整振が理事会でキャンペーンや競技大会など事業計画を審議

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は3月24日、岐阜整振本…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツが高齢者見守りで豊川市とも協力締結

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  4. 整備関係

    愛知ダイハツが豊田前田店でにがて運転克服レッスン

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は10月11日、同社豊田前田店(佐…

  5. 整備関係

    ロータス愛知が春のキャンペーンで目標必達に気勢

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(小…

  6. 整備関係

    愛整振・中支部が車検証電子化に向けて研修会など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中支部(野田浩司支部長…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP