中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JAF中部本部がバーチャル空間で交通安全の啓発

日本自動車連盟(JAF)中部本部(山口真史本部長)は4月1日、バーチャル空間で交通安全を啓発するドライビングシミュレーター(写真)を全国のJAFで初めて導入した。これは157種類のコースを体験することができるドライブシミュレーターで、VRゴーグルを着用して体験することもできる。危険を体験しながら安全運転のトレーニングを行うことにより交通事故防止につなげるとしている。

(全文は整備新聞 令和4年5月10日号:4面に掲載)

静岡整備政治連盟、国会議員などに要望書を提出前のページ

令和3年度のリコール届出件数、対象台数ともに大幅減次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部整備業界で電子整備認証の取得率が約35%に

    新点検基準の施行を控え、特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得…

  2. 整備関係

    古橋靖弘・岐阜運輸支局長の就任インタビュー、点検・整備の推進を啓発

    4月1日付で、中部運輸局岐阜運輸支局長に前自動車交通部旅客第一…

  3. 整備関係

    整備業界の人材確保へ「セミナーも活動の柱に」

    整備業界の人材確保が大きな課題となる中、愛知自動車整備人材確保・育成連…

  4. 整備関係

    静岡整振・整備技能競技大会で鈴村・鈴木選手が優勝

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月11日、静岡市駿河…

  5. 整備関係

    トラスティレンタカーが国産高級車から輸入車まで損保代車をラインナップ

    損保代車用レンタカー事業を展開するトラスティレンタカー(本社・…

  6. 整備関係

    新制度への対応など:竹林武一・日整連会長

    新年あけましておめでとうございます。令和4年の新春を迎えるに当たり、所…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP