中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振が理事会、山積する課題対応など強調

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は5月10日、小牧教育センターで第21回理事会(写真)を開き、令和3年度事業報告・決算関係書類、役員辞任に伴う補選など6月10日開催の第11回定時総会への上程議案を審議、承認した。はじめに、川村会長が挨拶で「整備業界は今後も、車検証電子化、OBD検査などへの対応や、整備技術力の一層の強化、整備士の人材確保といった課題が山積している。振興会としての取り組みを強めていく」と述べ、事業活動に会員の協力を求めた。

(全文は整備新聞 令和4年5月25日号:1面に掲載)

中部運輸局が不正改造車排除の運動など説明前のページ

令和4年春の褒章・名古屋市の玉田氏が黄綬褒章次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知ダイハツが豊田市の高齢者見守りで市内の4店舗が登録

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  2. 整備関係

    愛整振・津島支部が理事会で新年度事業など審議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の津島支部(横井隆幸支部…

  3. 整備関係

    愛整振・西尾支部は今年度2度目の無料点検を実施

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西尾支部(木下卓住支部…

  4. 整備関係

    愛整振青年部会がリモート例会開き意見交換など

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の青年部会(池内章雄部会…

  5. 整備関係

    自動車整備技能登録試験・1級実技試験の合格率は35%

    日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、8月22日に実施した令和2年度…

  6. 整備関係

    技術高度化背景に法・制度改正さらに「整備業界も大変革期へ」

    2022年がスタートした。この2年間、世界中が新型コロナウイルスに翻弄…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP