中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振が理事会、山積する課題対応など強調

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は5月10日、小牧教育センターで第21回理事会(写真)を開き、令和3年度事業報告・決算関係書類、役員辞任に伴う補選など6月10日開催の第11回定時総会への上程議案を審議、承認した。はじめに、川村会長が挨拶で「整備業界は今後も、車検証電子化、OBD検査などへの対応や、整備技術力の一層の強化、整備士の人材確保といった課題が山積している。振興会としての取り組みを強めていく」と述べ、事業活動に会員の協力を求めた。

(全文は整備新聞 令和4年5月25日号:1面に掲載)

中部運輸局が不正改造車排除の運動など説明前のページ

令和4年春の褒章・名古屋市の玉田氏が黄綬褒章次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    国交省が新技術の開発踏まえ新事業用自動車安全プラン

    国土交通省はこのほど、令和3年~7年度を計画期間とする「事業用自動車総…

  2. 整備関係

    危機管理の強化など:坪井史憲・中部運輸局長

    あけましておめでとうございます。新たな年を迎え、謹んで年頭のご挨拶を申…

  3. 整備関係

    中部運輸局人事異動、管内5支局長が交代

    国土交通省は4月1日付の人事異動を発表した。中部運輸局関係で課長級以上…

  4. 整備関係

    整備関係

    コロナ対策で4回目の車検延長

    新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、政府の緊急事態宣言の実施機関…

  5. 整備関係

    岐阜整振、初のエーミング研修会を開く

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月25日、同整振岐阜…

  6. 整備関係

    整備関係

    保安基準告示改正、来年11月から新型の乗用車に自動ブレーキ義務化

    国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の一部を改正し、新…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP