中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

コロナの緊急事態宣言で軽自動車の添付書類有効期限を延長

軽自動車検査協会は7月13日から、新型コロナウイルス感染症対策として、添付書類の再発行に伴う申請人や発行官署の負担軽減のため、検査対象軽自動車の新規検査及び自動車検査証記入申請等の添付書類の有効期間を延長する取り扱いを始めた。

使用者の住所を証する書面(住民票や印鑑(登録)証明書又は登記事項証明書等)は、令和3年4月12日から3年10月11日までに発行されたものについては、令和4年1月12日までの間に軽自動車検査協会の窓口へ提出があった場合においては有効とした。

(全文は整備新聞 令和3年9月10日号:3面に掲載)

中部の車体整備業界、特定整備認証取得がややペースダウン前のページ

コロナの緊急事態宣言で登録申請添付書類の有効期間を延長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知のユーザー車検台数・上半期も3・6%増

    堅調な車検市場が続く中で、ユーザー車検が依然として大きな割合を維持して…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツが安城店で健康安全運転講座を開催

    産官学民の提携で地域密着プロジェクトを推進する愛知ダイハツ(坪…

  3. 整備関係

    梅藤博幸・福井運輸支局長の就任インタビュー

    4月1日付で中部運輸局福井運輸支局長に、前自動車技術総合機構中…

  4. 整備関係

    電子制御認証で中部の取得率が18%超える

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が進んでおり、中部5県で…

  5. 整備関係

    岐阜整振が懸賞キャンペーン2020前半の抽選を実施

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月22日、岐阜市の同…

  6. 整備関係

    岐阜整振が理事会で総会上程議案などを審議

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は第35回通常理事会(写…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP