中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

座席の乗員保護要件の強化など審査事務規定を改正

自動車技術総合機構はこのほど、自動車検査関係などの審査事務規程の一部を改正した。 発表によると、今回は道路運送車両の保安基準及び同基準の細目を定める告示などの一部改正に伴う改正で、①乗用車などの座席の衝突などにより衝撃を受けた場合における、乗車人員の保護性能に係る基準について、ダミーを搭載した動的試験の導入と静的試験の要件を強化②電力により作動する原動機を有する自動車(二輪自動車などを除く)の感電防止装置に係る基準について、冠水走行などの水に対する絶縁保護要件などを追加、前面と側面衝突試験時の要件を強化した。

(全文は整備新聞 令和3年9月25日号:2面に掲載)

愛知ダイハツが高齢者見守りで豊川市とも協力締結前のページ

点検整備推進運動・プロの整備士や芸人などで点検デモ行いアピール次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備技術の高度化を:田中森・福井整振会長

    新年明けましておめでとうございます。【中 略】整備業界におきましては、…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツが中警察署と高齢者に交通安全教室

    「身体機能を見極めて交通事故防止を」と、愛知県警中警察署(星野…

  3. 整備関係

    愛知電装組合が理事会で特定整備の対応など報告

    愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一也理事長)は10月26日…

  4. 整備関係

    整備関係

    特定整備開始へ各振興会が整備主任者資格取得講習など強化

    4月から特定整備制度がスタートするのに伴い、各県自動車整備振興会の対応…

  5. 整備関係

    積極的に電子化対応:田口隆男・岐阜整振会長

    令和4年の年頭にあたり、謹んでお慶びを申し上げますとともに、昨年中に賜…

  6. 整備関係

    中部の法令研修、自主学習や日程変更など

    今年度も各県で整備主任者・自動車検査員法令研修が本格化しているが、昨年…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP