中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・一宮支部、会員30人が親睦深め意見交換を

愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の一宮支部(住田正一 支部長)は10月3日、一宮駅前の中華レストラン富泰楼・名鉄百貨店一宮店で親睦会(写真)を開いた。会員ら30人が参加し、今後の支部事業の内容について意見を交わしながら親睦を深めた。

(全文は整備新聞 令和5年10月25日号:2面に掲載)

岐阜整振・児童画コンクール審査会で791点の中から入選30作品選ぶ前のページ

愛整振・岡崎支部、スーパーで3回目の無料点検を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    DAITO―焼却炉のオンライン展示場を新設・新営業サービス

    小型焼却炉の製造・販売、メンテナンスなどを行うDAITO(本社…

  2. 整備関係

    オリ・パラ特別ナンバーの交付と申込期限を1年延長

    国土交通省は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催延…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツ・ADW弥富物流センターを開設

    愛知ダイハツグループのADWホールディングス(坪内孝暁社長)は…

  4. 整備関係

    岐阜支局が安全・環境フェスを開催

    子供たちに働く乗り物や交通安全などの知識を高めてもらおうと、中…

  5. 整備関係

    静岡整振が理事会で整備技術向上や人材確保など事業計画を審議

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は3月24日、静岡整振本…

  6. 整備関係

    愛知の継続車検市場、上半期は0・1%の微減

    継続検査市場が若干減少に転じている。愛知県における令和5年度上半期(4…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP