中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

静岡車恊が総会で「6月末で組合解散」承認、46年の歴史に幕下ろす

静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)は5月22日、県自動車整備振興会総合会館で第48回通常総会(写真)を開き、今年6月末で組合を解散することを決めた。出席した組合員から異論も出たが、4月の理事会で解散を決定しており、総会では原案通り承認した。同組合は昭和51年に設立、組合員数はピーク時に約400社にのぼっていたが、業界環境が変化する中で他県同様に組合員減少が続いた。

(全文は整備新聞 令和4年6月10日号:4面に掲載)

愛車協が総会で技術向上など重点に計画前のページ

軽自動車検査協会が電子車検証やOBD検査対応の準備など事業計画次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    加藤鈑金がテュフ認証プラチナを取得、品質レベルを「見える化」

    指定工場の加藤鈑金整備(加藤多賀志社長)はこのほど、テュフ(T…

  2. 車体整備関係

    特殊整備3団体が連絡会開き情報交換

    愛知の自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)、自動車電装品整…

  3. 車体関係

    車体整備関係

    中部5県の車体組合、愛知と岐阜で組合員数が増加

    厳しい経営環境の中で、各県車体整備協同組合の組合員減少が続いていたが、…

  4. 車体整備関係

    静岡車恊・日車協連を脱会へ

    静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)が昨年12月、全国団体で…

  5. 車体整備関係

    中部の車体整備業界、特定整備認証取得がややペースダウン

    特定整備制度に基づく車体整備業界の電子制御装置整備認証の取得が、今年度…

  6. 車体整備関係

    愛車協が総会で技術向上など重点に計画

    愛知県自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)は5月25日、愛…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP