中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

古橋靖弘・岐阜運輸支局長の就任インタビュー、点検・整備の推進を啓発

4月1日付で、中部運輸局岐阜運輸支局長に前自動車交通部旅客第一課長の古橋靖弘氏が就任した。岐阜県はマイカー依存が依然高いことから、整備事業者に対して役割の重要性を訴える。近年は自動車技術の高度化への対応や整備士の人材不足などが大きな課題となっており、行政側の課題も大きい。古橋新支局長に県内自動車市場の現状と課題などをお聞きした。

――支局長ご就任の抱負をお聞かせください。

古橋支局長 自動車は、国民生活や経済活動を支える移動手段として必要不可欠な役割を担っています。こうした中で、自動車の安全性の確保や性能を維持ためには、法令に基づく定期的な点検整備の実施が重要になります。運輸支局としましても地域の整備業界と一丸となって、自動車ユーザーに保守管理の高揚を図る啓発に努めたいと考えています。

(全文は整備新聞 令和4年6月10日号:1面に掲載)

 

 

整備人材確保へWG設置、離職者の復職後押しも前のページ

2級自動車整備士の検査員資格事項は変更なし次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知の車検市場、今年度上半期も堅調で登録車は4・9%増に

    継続検査市場は堅調な動きが続いている。登録車と軽自動車を合わせ年間21…

  2. 整備関係

    整備業界の未来を考える会がOBD検査などで意見交換

    三重県自動車整備振興会は11月9日、津市の振興会館で第27回「…

  3. 整備関係

    愛知整備商工・総代会、川村理事長再選し組織力活かし共同経済事業を

    愛知県自動車整備商工組合(川村保憲理事長)は6月11日、ミッド…

  4. 整備関係

    四日市・伊勢志摩の図柄入りナンバー普及促進へPR強化

    地域の魅力アップなどを目的に、自動車の図柄入りナンバープレートが全国各…

  5. 整備関係

    静岡整振・西部地区が支所駐車場で54台の街頭検査を実施

    静岡県自動車整備振興会の西部地区委員会(鈴木幸治委員長)は1月…

  6. 整備関係

    静岡商工・中部総支部のみミニ展示会を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は12月19日、静…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP