中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

古橋靖弘・岐阜運輸支局長の就任インタビュー、点検・整備の推進を啓発

4月1日付で、中部運輸局岐阜運輸支局長に前自動車交通部旅客第一課長の古橋靖弘氏が就任した。岐阜県はマイカー依存が依然高いことから、整備事業者に対して役割の重要性を訴える。近年は自動車技術の高度化への対応や整備士の人材不足などが大きな課題となっており、行政側の課題も大きい。古橋新支局長に県内自動車市場の現状と課題などをお聞きした。

――支局長ご就任の抱負をお聞かせください。

古橋支局長 自動車は、国民生活や経済活動を支える移動手段として必要不可欠な役割を担っています。こうした中で、自動車の安全性の確保や性能を維持ためには、法令に基づく定期的な点検整備の実施が重要になります。運輸支局としましても地域の整備業界と一丸となって、自動車ユーザーに保守管理の高揚を図る啓発に努めたいと考えています。

(全文は整備新聞 令和4年6月10日号:1面に掲載)

 

 

整備人材確保へWG設置、離職者の復職後押しも前のページ

2級自動車整備士の検査員資格事項は変更なし次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・小牧支部が総会で伊藤新支部長を選出、点検教室も計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の小牧支部(長谷川勉支部長)はこ…

  2. 整備関係

    岐阜整振がコロナ対策の「県のステッカー提示」 をアピール

    新型コロナウイルス感染症の対策に向けて、岐阜県自動車整備振興会…

  3. 整備関係

    愛整振・指定6Bが総会で研修事業などの計画を決める

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の指定第6ブロック(西・…

  4. 整備関係

    岐阜整振、今年も「クルマの児童画コン」審査を実施

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は10月13日、整備振興…

  5. 整備関係

    愛整振・指定22Bが例会と懇親会開き会員の交流深める

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・指定22ブロック(津島地区=本…

  6. 整備関係

    中部運輸局管内の人事異動で3支局長が交代

    国土交通省は4月1日付の人事異動を発表した。中部運輸局関係で課長級以上…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP