中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

福井商組が総代会で、経済基盤強化や経済事業を柱に計画

福井県自動車整備商工組合(田中森理事長)は5月24日、福井県自治会館で第46回通常総代会(写真)を開き、組合員の経営基盤強化や経済事業などを柱とした令和4年度事業計画を決めたほか、役員改選で田中理事長を再選した。

(全文は整備新聞 令和4年7月10日号:2面に掲載)

岐阜人材・育成連絡会が高校訪問やセミナー開催など事業計画前のページ

三重商組が総代会で共同経済事業の一層の拡大を次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡商工・中部総支部のみミニ展示会を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は12月19日、静…

  2. 整備関係

    中整連が車検証の電子化で国に要望

    中部五県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協…

  3. 整備関係

    JU愛知・青年部担当AAで目標上回る3978台の出品

    愛知県中古自動車販売商工組合(JU愛知・加藤勇東理事長)は9月…

  4. 整備関係

    日整連・令和6年度の事業計画の主な内容

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一 会長)の令和六年度事業計…

  5. 整備関係

    愛知ダイハツ・豊田店をリニューアル整備工場には検査ライン2本設置

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は12月8日、豊田市細谷町の豊田店…

  6. 整備関係

    JAF愛知支部が夕暮れ時の事故防止を呼びかけ

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は「秋の交通…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP