中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

福井商組が総代会で、経済基盤強化や経済事業を柱に計画

福井県自動車整備商工組合(田中森理事長)は5月24日、福井県自治会館で第46回通常総代会(写真)を開き、組合員の経営基盤強化や経済事業などを柱とした令和4年度事業計画を決めたほか、役員改選で田中理事長を再選した。

(全文は整備新聞 令和4年7月10日号:2面に掲載)

岐阜人材・育成連絡会が高校訪問やセミナー開催など事業計画前のページ

三重商組が総代会で共同経済事業の一層の拡大を次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知盗難防止協議会・ユーザー啓発強化などの活動計画決める

    自動車関連盗難が依然として多発する中、自動車関係団体と警察、損…

  2. 整備関係

    中部の整備工場数で10月の新規が廃止の3倍に

    特定整備制度への取り組みが活発化する中で、中部の整備工場数は認証の新規…

  3. 整備関係

    愛整振・豊橋支部が総会で新支部長に村田氏を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)豊橋支部(中山幸宣支部長…

  4. 整備関係

    愛整振、理事・支部長セミナーを開催し情報共有

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は9月9日、名古屋市中区…

  5. 整備関係

    岐阜商工が理事会開き事業計画などを審議

    岐阜県自動車整備商工組合(國枝功理事長)は第163回理事会(写…

  6. 整備関係

    整備関係

    コロナ対策で4回目の車検延長

    新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、政府の緊急事態宣言の実施機関…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP