中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・指定6Bが不正車検をテーマに技術セミナーを開催

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の指定第6ブロック(西・中村地区=大森英雄ブロック長)は7月8日、名古屋市中区の名古屋観光ホテルで技術セミナー(写真)を開催。今回は愛整振の柴田敦常務理事を講師に「不正車検について」をテーマに研修した。

冒頭、大森ブロック長は「不正車検などによる行政処分も発生している。指定整備事業の適正化に向けて注意点などしっかり学んでほしい」と挨拶した。

(全文は整備新聞 令和4年7月25日号:2面に掲載)

 

 

岐阜軽協・総会で新会長に加藤孝廣氏を選出前のページ

岐阜商工・理事会で各委員会委員を選任次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知・中支部、地元警察と連携して防犯ネジの取り付け

    自動車関連盗難が後を絶たない中、愛知県自動車整備振興会・中支部…

  2. 整備関係

    整備用機械工具の総販売額が6年ぶり減、エンジン診断機など伸びる

    日本自動車機械工具協会(機工協、柳田昌宏会長)がまとめた令和2年度自動…

  3. 整備関係

    2級自動車整備士の検査員資格事項は変更なし

    今回の整備士資格制度見直しに当たっては、当初の「自動車整備技術の高度化…

  4. 整備関係

    岐阜商工・理事会で各委員会委員を選任

    岐阜県自動車整備商工組合(直井憲治理事長)は6月23日、整備振…

  5. 整備関係

    愛知人材確保連絡会と愛知支局が新明工業に感謝状を贈呈

    「愛知自動車整備人材確保・育成連絡会」は9月17日、愛整振小牧…

  6. 整備関係

    整備・外国人技能実習制度、今年も受検者増が続く

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP