中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・半田支部が総会で支部30周年記念の事業など計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の半田支部(芳賀康宜支部長)はこのほど、書面による第31回通常総会を行い、地域の交通安全活動や支部30周年記念事業を柱とした令和4年度の事業計画などを決めた。今期の事業について芳賀支部長は「コロナ禍の状況を見ながら、支部30周年事業やマイカー点検教室、研修会などを開催したい」としている。

(全文は整備新聞 令和4年7月25日号:3面に掲載)

電子車検証で各整備振興会、事務委託申請など対応準備前のページ

愛整振・小牧支部が総会で定期点検の促進など積極展開へ次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    事故防止をさらに~春の交通安全運動を展開

    自動車関係団体も参画する愛知県交通安全推進協議会(会長・大村秀…

  2. 整備関係

    整備売上高が4年連続でプラス成長

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)がまとめた令和2年度…

  3. 整備関係

    新たな図柄入りナンバープレートの交付を開始

    国土交通省は、新しい全国版図柄入りナンバープレートの交付を4月18日か…

  4. 整備関係

    岐阜整振、理事会で70周年事業やキャンペなど審議

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は3月29日、岐阜整振本…

  5. 整備関係

    中部・整備工場数、後継者難などで認証の新規が廃止を上回る

    中部地区における整備工場数は、令和2年度も前年度に続いて認証の新規が廃…

  6. 整備関係

    継続検査OSSの利用、1月実績・愛知で登録車は58%

    来年1月から電子車検証がスタートするのに伴い、指定整備事業者による継続…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP