中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振・理事会で専門委員会などの正副委員長を委嘱

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は6月23日、岐阜県自動車整備振興会館で第40回臨時理事会(写真)を開き、①各専門委員会の委嘱②健全化特別委員会の委嘱―などについて審議した。冒頭、田口会長は整備業界の人材確保の状況について「整備士不足のため、ディーラーでは外国人整備技能実習生を採用するケースが増えている」としたうえで、業界動向については「車検証のIC化やOBD検査など、さまざまな電子化への対応が求められている」と事業への協力を求めた。

(全文は整備新聞 令和4年7月25日号:2面に掲載)

岐阜商工・理事会で各委員会委員を選任前のページ

愛整振・優良整備士など214人を会長表彰次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    電子制御装置認証の取得率が全国平均で40%超に

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得ペースが上がってきた。県に…

  2. 整備関係

    高山東・西支部が総会開き、点検整備の推進など計画

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・飛騨ブロック(大宮昌夫…

  3. 整備関係

    愛整振・西春日井支部が時代の変化に対応して各種事業を計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)西春日井支部(天野正道支部長)は…

  4. 整備関係

    特定整備認証を取得、大森自動車インタビュー

    指定工場の大森自動車(名古屋市西区)=写真=は今年1月、「電子…

  5. 整備関係

    愛整振、総会で事業推進積極化

    愛知県自動車整備振興会は6月12日、名古屋駅前のミッドランドス…

  6. 整備関係

    自動車会館の展示コーナーで特殊3団体の活動をアピール

    愛知県の自動車車体整備協同組合、自動車電装品整備商工組合、タイ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP