中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知部販協・石川量章会長の就任インタビュー

今年6月、愛知県自動車部品販売協会の会長に石川量章氏(トヨタモビリティパーツ愛知支社長)が就任した。トヨタ自動車入社以来、ネッツ店営業本部やトヨペット店営業本部の販売部門のほか、法人事業部、トヨタモビリティーサービスなども経験。自動車業界は世界的な脱炭素、電動化への流れの中で、新しい領域となる「CASE」への対応など、新しいマーケットの創造が求められている。自動車のアフターマーケット業界を支える自動車部品販売業界において、今後の事業展開や課題などについて石川会長にお聞きした。

――協会の会長にご就任されました。抱負をお聞かせください

石川会長 新型コロナウイルス感染症拡大により、国内の経済をはじめ、自動車業界全体が大きな影響を受けています。とくに自動車業界では、生産に伴う部品の調達が困難となり、自動車の生産が遅れるなど自動車販売にも影響を及ぼしています。

そうした中で、コロナ禍の安全な移動手段の一つとして自動車による移動が改めて見直されていますが、自動車を安全に使用するためには定期的に点検や整備を実施することが重要とされています。そのため、コロナ禍においても、整備業界では自動車の安全・安心を守ることを使命として事業に取り組まれています。

(全文は整備新聞 令和3年9月10日号:2面に掲載)

愛知ダイハツが独自のキッチンカー制作しイベントなどで活用前のページ

岐阜整振がイベントに参画し子供たちを対象に仕事体験イベントを実施次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部の特定整備認証、資格講習修了者が40%に

    今年度からスタートした特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得ペ…

  2. 整備関係

    JAF愛知が防災サミットに参画し災害時の車トラブルを注意喚起

    日本自動車連盟(JAF)の愛知支部(寺町一憲支部長)は11月2…

  3. 整備関係

    電子制御整備認証・中部の取得率は平均63・4%

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)のまとめによると、会員の6月末現…

  4. 整備関係

    整備関係

    新型肺炎で車検証の有効期間を伸長

    国土交通省は、新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、自動車検査証…

  5. 整備関係

    中部の整備工場数、新規認証が再び増加

    7月に入り、中部地区で整備事業の新規認証が再び急増してきた。中部運輸局…

  6. 整備関係

    高山西支部5班が飛騨検査登録事務所周辺道路を清掃

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)飛騨ブロック・高山西支部…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP