中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・東支部が総会で警察と連携し交通安全活動など計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の東支部(倉野聖大 支部長)はこのほど、書面による第32回定期総会を開催、新年度事業計画などを決めたほか、役員改選で倉野支部長を再選した。新年度は会員相互の連携を図りながら、地域に密着した事業を展開する。

(全文は整備新聞 令和5年8月10日号:4面に掲載)

ビッグモーターの全国34店舗一斉に立入検査前のページ

愛整振・高浜支部が総会でマイカー無料点検や研修会など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    運送事業者の事故対策補助金を11月末まで受付

    国土交通省は、自動車運送事業者などの交通事故防止のための先進的な取り組…

  2. 整備関係

    中部運輸局・1月27日に事故防止セミナーを開催

    中部運輸局は来年1月27日、「自動車事故防止セミナー2021」を開く。…

  3. 整備関係

    大型車の車輪脱落事故が上昇傾向、人身事故も発生

    国土交通省がまとめた大型車の車輪脱落事故発生状況によると、令和3年度の…

  4. 整備関係

    愛整振・豊田支部と指定Bが合同役員会でコロナ禍の影響など事業報告

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊田支部(杉浦直人支部…

  5. 整備関係

    電子制御整備認証、全国の取得率32%に

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が、全国平均で昨年12月末…

  6. 整備関係

    中部5県でOBD検査のプレテストを実施、約250事業者が参加

    自動車技術が高度化する中で、自動車技術総合機構は2024年10…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP