中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知ダイハツがキャンピングカーの製造・販売を開始

愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は、愛知ダイハツキャンピングカー事業「AD工房」を立ち上げ、キャンピングカーの製造・販売を開始。8月1日から同社ホームページ内に販売サイトを公開、第1弾として「AD Camp Box」の発売を開始した。キャンピングカーは、軽トラックの荷台に積載物として搭載する脱着可能なユニットとなっており、キャンピングカーとして使用しない場合は、ユニットを降ろし、通常の軽トラックとして使用することができる。車両への改造がないため、ナンバーの変更をする必要もない。

(全文は整備新聞 令和4年8月25日号:3面に掲載)

中部の整備工場数、新規認証が再び増加前のページ

岐阜整振・点検キャンペの年間応募総数3万665枚次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振が児童画コンの入選者を表彰

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は11月13日、岐阜市の…

  2. 整備関係

    岐阜整振・高山西支部が中古車フェアの会場で点検PR

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)・飛騨ブロックの高山西…

  3. 整備関係

    トヨタのヴォクシー・ノアが自動車アセスメントで最高得点

    国土交通省は、自動車の安全性能を評価・公表する自動車アセスメントにおい…

  4. 整備関係

    愛知ダイハツが津島店でも健康安全運転の講座

    産官学民の提携で地域密着プロジェクトを推進する愛知ダイハツ(坪…

  5. 整備関係

    三重整振・商組が理事会で上期決算報告など

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は12月5日、津駅前のホ…

  6. 整備関係

    車検証の電子化で振興会事務局対象に説明

    来年1月から自動車検査証の電子化がスタートすることから、中部運…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP