中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

自動車整備技能登録試験で1級小型自動車学科試験合格率は97・6%

日本自動車整備振興会連合会(竹林武一 会長)は5月14日に実施した令和4年度第2回(第106回)自動車整備技能登録試験1級小型自動車学科(口述)試験の結果を発表した。全国9会場で1364人が受験し、1331人が合格した。合格率は97・6%だった。

(全文は整備新聞 令和5年6月25日号:2面に掲載)

JU愛知・総会でAA事業の充実、新会長・理事長に加藤勇東氏を選出前のページ

岐阜整振・大型スーパーで点検フェアを開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    JAF愛知が防災サミットに参画し災害時の車トラブルを注意喚起

    日本自動車連盟(JAF)の愛知支部(寺町一憲支部長)は11月2…

  2. 整備関係

    愛整振・指定4Bが総会で研修会や視察会など事業計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の指定第4ブロック(熱…

  3. 整備関係

    岐阜整振・商組、新役員候補者で執行部の互選を

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)は4月16日、岐阜整振…

  4. 整備関係

    浜松で人材イベント開催、空飛ぶクルマの展示なども

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦 会長)は、人材確保事業の一環…

  5. 整備関係

    愛知ダイハツが社員対象に2回目のフードドライブを実施

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)、ADWホールディングスは、SDG…

  6. 整備関係

    中部運輸局、功労者255人と1団体を表彰

    中部運輸局は10月17日、局会議室で令和4年度の運輸関係(鉄道…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP